⇒3549@材料;

導電助材


材料】導電助材⇒#3549@材料;


導電助材の大綱となる 材料は、です。

合材スラリー活物質導電助材結着材混ぜて集電体に塗布乾燥して電極とする

正極合材正極活物質導電助材結着材正極集電体に塗布乾燥して正極とする

負極合材負極活物質導電助材結着材負極集電体に塗布乾燥して負極とする

導電助材の必要量は活物質比表面積 S 〔m2/kgに比例します結着材の必要量は導電助材比表面積 S 〔m2/kg活物質比表面積 S 〔m2/kgの和に比例しますよって電極の厚み t 〔m薄くするため活物質粒径 r 〔m小さくするとより高機能な導電助材結着材が求められます

比表面積 S 〔m2/kg÷粒径 r 〔m×密度 d 〔kg/m³


粒子粒の体積 V 〔m3粒径 r 〔m乗に比例し表面積粒径 r 〔m乗に比例するので活物質粒径 r 〔m対する導電助材粒径 r 〔m比nが小さいほど導電助剤総体積は少なくてすみ活物質総体積と導電助剤の総体積のnとなります例えばミクロンの活物質に35nmの導電助剤使う場合その体積比は100程度になります実際には導電助剤の偏在や形状の影響で導電助剤はもう少し余計目に配合することになります

活物質に接触するということだけの視点ではそれでよいのですが実際には集電体から活物質までのークが形成されていなければなりません導電助材の配合量が少なくなるとーク形成している導電パス断面積 S 〔が小さくなりークの電気抵抗が徐々に大きくなると考えられますしかし導電パスの断面積は定以下になれずよく分散された導電助材はむしろパーコレーション理論従うと考えられますパーコレーション理論示す通りある閾値下回ると急激に電池反応起こさなくなります


炭素材料と導電助材1)


炭素材料と導電助材

この 材料 導電助材 の成分( 化学種

この 材料 導電助材の細目

サンプル 内部資料