🏠
🌡️ 📆 令和6年3月1日
◀ 戻る 進む ▶

🗒️ 【締切】科研費

⇒#2546@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)

https://www-shinsei.jsps.go.jp/kaken/index.html
#2

科研費:申請しようね

1)

長期保存可能な次亜塩素酸水の作用機序の解明

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止のため、消毒に次亜塩素酸水が使われている。

塩化ナトリウム水溶液を電気分解した「電気分解方式」や次亜塩素酸ナトリウムと塩酸などを混ぜ、酸性したものは、安定性に乏しく、長期保存できない。それに対して二酸化炭素を混ぜ、重炭酸イオンで緩衝作用を持たせたものは、安定である。次亜塩素酸水の消毒作用はその酸化作用によるが、ウイルスに対する消毒効果と人体に対する安全性に関する試験は行われているが、その作用機序についてはあまり明らかにされていない。そこで酸化作用についてORPを測定し、発生するOHラジカルをESRで測定し、作用物によって酸化作用がどのように異なるのか調べ、次亜塩素酸水の作用機序の解明を目的とする。

もし、ご承諾いただき、科研費があたったら、ORPメーター(もともとそんなに高くありません)を買って、お送りしたいと思います。

基盤Cで5年間で申請しようと思いますので、何か必要なものがありましたらおっしゃってください。

それを予算に組み込みます。

ちなみに、長期保存可能な次亜塩素酸水については、同じく山形大学のC6出身の松原さんの会社で

特許出願済です。


表器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
表サンプル(履歴)
履歴ID概要
表装置(履歴)
履歴ID概要

図   1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


西暦と元号

表   1 西暦と元号
西暦 令和 🔷 平成 🔷 昭和 🔷 大正 🔷 明治
2015 R-3 H27 S90 T104 M148
2016 R-2 H28 S91 T105 M149
2017 R-1 H29 S92 T106 M150
2018 R0 H30 S93 T107 M151
2019 R1 H31 S94 T108 M152
2020 R2 H32 S95 T109 M153
2021 R3 H33 S96 T110 M154
2022 R4 H34 S97 T111 M155
2023 R5 H35 S98 T112 M156
2024 R6 H36 S99 T113 M157
2025 R7 H37 S100 T114 M158
*

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=2546

🎄🎂🌃🕯🎉
山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.