🏠
🌡️ 📆 令和6年5月24日
戻る 進む ⇒#376@学会;

導電性高分子の接触がアルミニウムのアノード酸化皮膜の空間電荷層に及ぼす影響


関口理希,木戸萌乃,伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫, 第46回セミコンファレンス・第28回東北若手の会 , 花巻温泉 ホテル千秋閣,
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/c1/@c1_Year.asp?year=2015


学会】導電性高分子の接触がアルミニウムのアノード酸化皮膜の空間電荷層に及ぼす影響⇒#376@学会;
導電性高分子の接触がアルミニウムのアノード酸化皮膜の空間電荷層に及ぼす影響
関口理希,木戸萌乃,伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2015).


高分子の接触がアルミニウムアノード酸化皮膜空間電荷層に及ぼす影響
関口理希1,木戸萌乃1,伊藤智博2,立花和宏2,仁科辰夫2
山形大工1,山形大学2

序論筆者らは固体表面の極アルミニウムアノード酸化皮膜の空間電荷層に影響及ぼしリチウム電池活物質種類電池内部抵抗関係ついて定式化した本研究では極持つ導電高分子ならびにそのドーパント持つ官能基の極アルミニウムアノード酸化皮膜の空間電荷層にどのような影響及ぼすのか調べ耐電圧漏れ電流関係定式化試みること目的する
実験ポリエチレンジオキシチオフェン/ポリスチレンスルホン酸の水分散液とアセチレンブラの水分散液11で混ぜたものアルミ箔にディ塗工した塗工したアルミアノード対極アルミ電解液アジピンアンモニウム水溶液用いてセル組み定電流流したときの電位の変化記録した
結果実験で得られた電位電流曲線1示すアセチレンブラに導電高分子分散液混合すると電位上昇が確認できたアセチレンブラ接触した場合アノード酸化皮膜空間電荷層は形成されず電流が流れるため電位上昇が見られないが導電高分子が接触することによって皮膜内部に空間電荷層が形成されたため電位上昇観察されたと考えられる


第46回セミコンファレンス・第28回東北若手の会
20151204
導電性高分子の接触がアルミニウムのアノード酸化皮膜の空間電荷層に及ぼす影響
関口理希,木戸萌乃,伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫

  1 学会発表
口頭発表( 講演
表面技術協会秋2023 riku kenya
  1. 構成 1 )
  2. 題目
  3. カテゴリーの設定、オーラルか?ポスターか?
  4. 講演申し込み

    著者の確認:単著か共著か?共著の場合は、役割分担を明記。ギフトオーサーシップやゴーストオーサーシップは 研究不正 です。 、指示抄録

  5. 参加申し込み 🔷 旅程の作成、宿泊、交通手配、パスポート、クレカ
  6. 講演 草案 (スライド草稿、台本草稿)
  7. 要旨提出

    講演要旨なので、講演スライドの草案をもとに作ります。

ポスター発表(ショートプレゼンあり、なし)

論文講演は、 著作物であり、 知的財産です。

電気化学会発表の著作権規定

参考文献


<!-- 学会発表 学会発表 学会発表 -->
<ul>
<li>
<article>
関口理希,木戸萌乃,伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=376'> <q><cite> 導電性高分子の接触がアルミニウムのアノード酸化皮膜の空間電荷層に及ぼす影響 </q></cite> </a>.
第46回セミコンファレンス・第28回東北若手の会, 花巻温泉 ホテル千秋閣. 2015.
</article>
</li>
</ul>
<!-- 学会発表 学会発表 学会発表 -->

<%nExtID=376:szRefType="meeting":szRefHeadLine="関口理希,木戸萌乃,伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫,第46回セミコンファレンス・第28回東北若手の会(2015)."%>
<!-- #include virtual ="/developer/Include/ref_num.inc" -->


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=376
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.