HOME 教育状況公表 本日
⇒#215@学会;

磁場焦点ESR法のための高速磁場勾配システムの開発


渡邉隼司,伊藤智博,尾形健明, 第44回電子スピンサイエンス学会年会 (SEST 2005) , 仙台市 仙台市戦災復興記念館,



不対電子の唯直接測定法でありそのフリーラジカル分布明らかにできる電子スピン共鳴イメージング(ESRI)の研究が国内外で進められ現在その空間分解能2 mmまで高められている(磁場勾配強度1) 1mT/cm)しかし小動物小型の植物魚卵等測定するには空間分解能まだ高いとはいえない磁場焦点法交流磁場勾配用いることによってある特定の空間に局所的な均の磁場発生させる方法でありこれESR計測応用することで局所空間のみのESRスペクトル観測することができる本研究の目的は生体計測用の磁場焦点ESR法確立するにあたり高速で電流制御する高速交流磁場勾配システム開発する

EPR Spectroscopy using Magnetic Field Gradient Modulated by a Triangular Wave2)


(1磁場勾配強度(Gradient Strength [テスラ毎メートル].
(2EPR Spectroscopy using Magnetic Field Gradient Modulated by a Triangular Wave
Tomohiro Ito, Hidekatsu Yokoyama , Junji Watanabe, Shuhei Takaiwa, Tateaki Ogata, Appl. Magn. Reson., ,35(1) ,143-153 (2008), (2008).



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=215

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.