HOME 教育状況公表 本日
⇒#117@学会;

In vivo ESR法によるグルタチオン製剤投与ラットのニトロキシル還元能の評価


○海老名里花,尾形健明2,石田信一,松本清治,丹羽真一,土橋宣昭, 第42回電子スピンサイエンス学会年会 , ,



我々のin vivo ESR装置(700MHz)では生体内で代謝されるニトロキシルラジカル生体投与することによりESR信号強度時間変化観測することが可能であり(時間分解能1s)その観測結果から生体酸化還元評価することができる本研究では酸化剤としてグルタチオン1)(GSH)製剤ラット投与し酸化投与しないラット半減期比較することにより酸化剤の投与が生体還元能へ及ぼす影響検討した


(1グルタチオンGlutathioneC10H17O6N3S, FW = 307.32748 g/mol, (化学種).



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=117

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.