🏠
🌡️ 📆 令和5年9月28日
⇒#6348@講義;

👨‍🏫 2023.0700.  ゴムタイムス(講演)

立花 和宏

機能界面設計工学特論 では、 「 機能界面設計工学特論(2023年) 」 の中で、 「ゴムタイムス(講演)」について 述べられています ⇒#6348@講義;。

📆 初版
#研究

電池の基礎の基礎

1.1 直流 交流電気抵抗 静電容量 電気回路描き方

1.2 回路計オシロスコープ電圧電流波形読み取り

1.3 電池の仕組みと電気の流れ 電池式書き方と電極の種類と呼び方

1.4 電池の起電力と化学平衡 心電図にも使われる 銀塩化銀電極

1.5 分解電圧過電圧と反応速度 エネルギー効率損失

1.6 ボルタ電堆からリチウムイオンリチウム電池へ-電池の進化と複雑化-

1.7 リチウムイオンリチウム電池材料と構造

1.8 電池内部における電場と電流密度電気力線

電池構成する材料と役割

2.1 テリー構成する材料

2.2 活物質反応場となる界面その極性

2.3 電解液電子絶縁体液回り

2.4 導電助剤電子パスその極性

2.5 集電体固体と固体の接触抵抗

2.6 セパレータ電子短絡防ぐ

2.7 外装材ガスバリア

2.8 バインダー固体同士結着させる

バインダー

3.1バインダーの働き電子パスの維持

3.2バインダーの種類溶液PVDF水分散系SBR

3.3界面と表面面接触点接触

3.4固体粒子の結着空隙充填の最適化

3.5集電体との接着付着密着性接触抵抗

3.6電極製造バインダー塗工プレス乾燥

3.7注液充放電ととバインダー膨潤膨張収縮ガス発生

3.8電池性能バインダー内部抵抗出力特性サイクル寿命

PVDFの極性

活物質の極性

集電体の極性

界面と表面面接触点接触

付着接着結着

バインダーが電池性能に及ぼす影響

塗工バインダー

増粘とチクソトロピー

PVDFの配向

スプリングバと体積膨張収縮

増粘とチクソトロピー

内部抵抗の増加とサイクル寿命


関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )


✏ 平常演習

✏ 課外報告書 Web Class



<h3 > <a id='yznl6348' href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=6348'> ◇ </a> <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/c1/Extra_Syllabus/2023_R05/2023_R05.asp'> ゴムタイムス(講演) </a> </h3>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> 立花 和宏. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=6348'> <q><cite> ゴムタイムス(講演) </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11101'> 機能界面設計工学特論 <a/a> 講義ノート, 2023.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=6348'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=6348 </a> ,  (参照 <time datetime="2023-9-28">2023-9-28</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=6348

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2023 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.