HOME 教育状況公表 本日
⇒#2193@講義;

  ヴォルタ(A.Volta)1745―1827(伊)

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 電気化学の庵 の単元です。 この講義(ヴォルタ(A.Volta)1745―1827(伊) )の親単元は 科学者・学者・医者 です。

初版
18世紀1)から19世紀2)にかけてのイタリアの科学者
17451827
電圧3)の単位ボルト4)にその名前が冠せられています電圧の英語もボルテージ

1800ボルタ電池発明ということになっていますがガルバーニ5)の発見した現象動物電気ライデン瓶たまった静電気と同じく電気分解起こすこと発見したいうことが大きいように思えます

発明に値するのは直列接続したボルタ電堆思われます直列つなぎにすることで単純な化学反応では得られない酸化還元可能にする高電圧得ることに成功したのですから電圧概念完成はオーム6)よってもたらされますが電圧エレクトリクプレシャーなくあくまでボルテージなのです

1807年にデービー7)ボルタ電堆使って水酸化カリウム電気分解溶融塩電解カリウム得ています

1832年にファラデー8)ボルタの実験の定量化に成功し静電気と動電気の同証明します有名なファラデー電気分解法則9)です

1836ダニエル電池の発明10)

19世紀11)

電磁気単位の侍たち12)
次電池13)

関連講義
電気化学の庵,化学14)
電気化学の庵,技術15)
エネルギー変換化学特論, エネルギー種類物質16)
卒業研究-電気化学2004,ガルバーニ電池ボルタ電堆17)
お散歩の中にサイエンス探し求めて♪,でんきの科学館18)
電気化学の庵,ヨーロ19)
電気化学の庵,イタリア20)
http://www.mofa.…
http://www.mofa.…



高等学校 > 高校歴史 > 世紀 > 18世紀,世紀
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1800).

高等学校 > 高校歴史 > 世紀 > 19世紀,世紀
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1800).

高等学校 > 高校歴史 > 人物 > 科学者・ > ルイジ・ガルバーニ,科学者・学者・医者
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2009).

高等学校 > 高校歴史 > 人物 > 科学者・ > ゲオルク・オーム(1798―1854),科学者・学者・医者
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

高等学校 > 高校歴史 > 人物 > 科学者・ > ハンフリー・デービー,科学者・学者・医者
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1800).

高等学校 > 高校歴史 > 人物 > 科学者・ > ファラデー(マイケル・ファラデー)(英)1791―1867,科学者・学者・医者
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1800).

高等学校 > 高校物理 > 原理と法 > ファラデーの電気分解の法則,原理と法則
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1833).

高等学校 > 高校歴史 > 人物 > 科学者・ > ジョン・フレデリック・ダニエル,科学者・学者・医者
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2009).

高等学校 > 高校歴史 > 世紀 > 19世紀,世紀
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1800).

高等学校 > 高校化学 > 化学史,高校化学
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

高等学校 > 高校工業 > 技術史,高校工業
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

エネルギ > 【200 > 第1講 エネルギーの種類と物質-電気はどういう順序で流れるかしっていますか?-,【2009年(平成21)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2009).

緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池 > 歴史的電 > ガルバーニ電池とボルタ電堆,歴史的電池
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1800).

ミュージ > 科学館( > 電気・ガ > でんきの科学館,電気・ガス・水道
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

高等学校 > 地理(高 > 海外 > ヨーロッパ,海外
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

高等学校 > 地理(高 > 海外 > ヨーロッ > イタリア,ヨーロッパ
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2009).

(1高等学校 > 高校歴史 > 世紀 > 18世紀,世紀
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1800).
(2高等学校 > 高校歴史 > 世紀 > 19世紀,世紀
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1800).
(3電圧(voltage [V(ボルト)].
(4ボルトV電圧, (単位).
(5高等学校 > 高校歴史 > 人物 > 科学者・ > ルイジ・ガルバーニ,科学者・学者・医者
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2009).
(6高等学校 > 高校歴史 > 人物 > 科学者・ > ゲオルク・オーム(1798―1854),科学者・学者・医者
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(7高等学校 > 高校歴史 > 人物 > 科学者・ > ハンフリー・デービー,科学者・学者・医者
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1800).
(8高等学校 > 高校歴史 > 人物 > 科学者・ > ファラデー(マイケル・ファラデー)(英)1791―1867,科学者・学者・医者
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1800).
(9高等学校 > 高校物理 > 原理と法 > ファラデーの電気分解の法則,原理と法則
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1833).
(10高等学校 > 高校歴史 > 人物 > 科学者・ > ジョン・フレデリック・ダニエル,科学者・学者・医者
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2009).
(11高等学校 > 高校歴史 > 世紀 > 19世紀,世紀
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1800).
(12 > 電磁気単位の侍たち
佐藤文隆, 異色と意外の科学者列伝, 岩波書店, (2007).
(13 > 一次電池
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, (1998).
(14高等学校 > 高校化学 > 化学史,高校化学
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(15高等学校 > 高校工業 > 技術史,高校工業
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(16エネルギ > 【200 > 第1講 エネルギーの種類と物質-電気はどういう順序で流れるかしっていますか?-,【2009年(平成21)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2009).
(17緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池 > 歴史的電 > ガルバーニ電池とボルタ電堆,歴史的電池
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1800).
(18ミュージ > 科学館( > 電気・ガ > でんきの科学館,電気・ガス・水道
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(19高等学校 > 地理(高 > 海外 > ヨーロッパ,海外
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(20高等学校 > 地理(高 > 海外 > ヨーロッ > イタリア,ヨーロッパ
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2009).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> 日本気象協会,ALiNKインターネット. <q><cite> ヴォルタ(A.Volta)1745―1827(伊) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11008'> 電気化学の庵 <a/a> 講義ノート, 1800. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2193'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2193 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-8-19">2019-8-19</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2193

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.