🏠
🌡️ 📆 令和4年11月30日
⇒#1026@講義;

👨‍🏫   化学史


電気化学の庵 では、 「 高校化学 」 の中で、 「化学史」について 述べられています ⇒#1026@講義;。

📆 初版
化学の歴史世紀1)。

青銅の精錬は農機具の発達を促し、農業革命につながります。日本では青銅によって弥生時代2)になります。

7世紀ごろアラビア人たちに実験化学が芽生えます。
中東3)

ヨーロッパに引き継がれて錬金術となります。

16世紀には錬金術が衰退してゆきます。

【17世紀4)】
1648年、パスカル(仏)パスカルの原理を発見。
1662年、ボイル(英)ボイルの法則を発見。

【18世紀5)】
1742年、セルシウス(スェーデン)温度計。
1766年、キャベンディッシュ(英)可燃性空気(水素)の発見。
1785年、ベルトレ塩素による漂白を提案
1794年、ルブラン(仏)、ルブラン法によるソーダの製造法(水酸化ナトリウム水酸化ナトリウム(苛性ソーダ))
1798年、さらし粉の発明。

【19世紀6)】
1800年、ボルタ(伊)ボルタ電池の作成ヴォルタ(A.Volta)1745―1827(伊) 7)。
1811年、アボガドロ(伊)アボガドロの法則を発見。
1814年、フラウンホーファー(独)太陽のスペクトルの暗線の位置を記録。
1824年、アスプディン(英)ポートランドセメントを発明。
1827年、ウェーラー(独)がアルミニウムを単離。

有機化学というジャンルが確立してゆきます。

1828年、ウェーラー(独)が尿素を合成。
1831年、リービッヒ(独)がクロロホルムを合成。
1833年、ファラデー(英)の電気分解の法則。
1836年、ダニエル(英)ダニエル電池の作成。
1840年、リービッヒ(独)植物の成長に必要な無機元素を発見。
1840年、グッドイヤー(米)ゴムの加硫法の発明。
1845年、シェンバイン(独)綿火薬の発明。

元素の分析に分光器が使われ始めます。

1858年、ケクレ(独)炭素四原子価説の提唱。
1861年、グレアム(独)、コロイド。
1862年、アンモニア・ソーダ法(ソルベイ、ベルギー)
1865年、ケクレ(独)ベンゼンの構造式の提唱。
1867年、ノーベル(スウェーデン)ダイナマイトの発明。
1868年、【明治維新明治時代8)】
1869年、メンデレーフ(ロシア)元素の周期律。
1869年、ハイアット(米)セルロイドの発明。
1871年、プロシアがドイツ統一。
1880年、バイヤー(独)インジゴの合成。
1886年、ホール(米)、エルー(仏)ホール・エルー法(電解精錬)
1888年、バイヤー法(電解精錬)
1889年、ネルンスト(独)溶解度積。
1892年、高峰譲吉(日)タカジアスターゼの発見。

【20世紀9)】
1904年、バーバー(独)アンモニアの合成研究着手
1905年、ビルケランド(ノルウェー)、アイデ(独)空中窒素固定法。
1910年(明治43)、米沢高等工業学校開設旧米沢高等工業学校本館(重要文化財)10)。
1913年、BASF社のボッシュ(独)アンモニア合成の工業化。

【関連講義】電気化学の庵,技術史11)

【関連講義】
ピカッとさいえんす,圧力・温度・触媒~クロスカップリング反応~12)
http://c1.yz.yam…


高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ä¸–ç´€,高校歴史
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > å¼¥ç”Ÿæ™‚代,高校歴史
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

高等学校 > é«˜æ ¡åœ°ç† > æµ·å¤– > ä¸­æ±,海外
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2011).

高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ä¸–ç´€ > ï¼‘7世紀,世紀
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1800).

高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ä¸–ç´€ > ï¼‘8世紀,世紀
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1800).

高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ä¸–ç´€ > ï¼‘9世紀,世紀
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1800).

高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > äººç‰© > ç§‘学者・ > ãƒ´ã‚©ãƒ«ã‚¿ï¼ˆï¼¡.Volta)1745―1827(伊) ,科学者・学者・医者
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1800).

高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > æ˜Žæ²»æ™‚代,高校歴史
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1868).

高等学校 > é«˜æ ¡æ­´å² > ä¸–ç´€ > ï¼’0世紀,世紀
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1900).

米沢キャ > æ—§ç±³æ²¢é«˜ç­‰å·¥æ¥­å­¦æ ¡æœ¬é¤¨ï¼ˆé‡è¦æ–‡åŒ–財),米沢キャンパス
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (2006).

高等学校 > é«˜æ ¡å·¥æ¥­ > æŠ€è¡“史,高校工業
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

ピカッと > åœ§åŠ›ãƒ»æ¸©åº¦ãƒ»è§¦åª’~クロスカップリング反応~,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2010).


関連の展示品

◇ 参考文献( 書籍 ・雑誌 ・URL )


✏ 平常演習 Web Class

✏ 課外報告書 Web Class



<h2 id='yznl1026' > <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1026'> ◇ </a> <a href='http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/'> 化学史 </a> </h2>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1026'> <q><cite> 化学史 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11008'> 電気化学の庵 <a/a> 講義ノート, 2006.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1026'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1026 </a> ,  (参照 <time datetime="2022-11-30">2022-11-30</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1026


このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.