HOME 教育状況公表 本日
⇒#1569@講義;

  リン鉄酸リチウム(オリビン)(LFP)

https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Waiting/56307/files.asp

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(リン鉄酸リチウム(オリビン)(LFP))の親単元は 正極活物質 です。

初版
LFPと略されます粒子間の電子電導経路形成するのに積極的に水分散系のバインダー使われますナシコン型はアルミニウムと直接電子電導が取れます相反応です

○楡木崇仁,…らは2009年に国立京都国際会館〒606-0001 京都市左京区宝ヶ池開催された第50回電池討論会においてリチウムイオン次電池正極活物質表面への有機分子吸着が合材スラリー調整及ぼす効果について報告しているリチウムイオン二次電池正極活物質表面への有機分子吸着が合材スラリー調整に及ぼす効果1)

リン鉄酸リチウムリン酸鉄リチウム2)リチウムイオン二次電池3)の正極活物質リチウムイオン二次電池の正極4)として使われますリチウムイオン二次電池-材料と応用-(目次)5)わたなべクエン酸錯体法を用いたLiFePO4の合成における焼成条件の検討6)

たけだは2010年にそれまでの研究電池活物質凝集におよぼす分散剤の効果いうテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した交流インピーダンス法によるリチウムイオン二次電池用有機溶媒の評価7)

あべは2009年にそれまでの研究クエンゲルプロセスによる正極活物質オリビン型LiFePOの合成と高速充放電特性の評価というテーマで修士論文としてまとめ山形大学卒業したオリビン型LiFePO4の電極反応機構の解析及びバインダのイオン透過性に関する研究8)

阿部智幸らは2007年に福岡県福岡市で開催された第48回電池討論会においてクエンゲルプロセスによるオリビン型LiFePOの合成と高速充放電特性の評価について報告しているクエン酸ゲルプロセスによるオリビン型LiFePO4の合成と高速充放電特性の評価9)

はらは2007年にそれまでの研究クエン酸錯体法によるリチウムイオン次電池正極活物質の合成とハイレート特性評価というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業したクエン酸錯体法によるリチウムイオン二次電池正極活物質の合成とハイレート特性評価10)

リチウムイオン二次電池用正極活物質としての鉄酸化物の合成(E)11)

カンラン石オリビン

試料
リン酸鉄リチウムLiFePO4リン鉄酸リチウム(LiFePO4)リン酸鉄リチウム12)10105
SLFP-ES01LiFePO4(SLFP-ES01) リン酸鉄リチウム13)10014
SLFP-PT30LiFePO4(SLFP-PT30) リン酸鉄リチウム14)10015
SLFP-PD60LiFePO4(SLFP-PD60) リン酸鉄リチウム15)10016
SLFP-PD60LiFePO4(SLFP-PD60) リン酸鉄リチウム16)9978

関連講義
講演アウトライン次電池講演のアウトライン(二次電池)17)
リチウムイオン二次電池18)
卒業研究-電気化学2004,クエン酸錯体19)
アルミニウム|正極活物質20)

LCO LMO NMC LFP LTO NCA

リチウムイオン二次電池正極活物質表面への有機分子吸着が合材スラリー調整に及ぼす効果
リチウムイオン二次電池
リチウムイオン二次電池の正極
クエン酸ゲルプロセスによるオリビン型LiFePO4の合成と高速充放電特性の評価
講演のアウトライン(二次電池)
リチウムイオン二次電池
クエン酸錯体
アルミニウム|正極活物質

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> リン鉄酸リチウム(オリビン)(LFP) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2007. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1569'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1569 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-12-16">2019-12-16</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1569

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.