HOME 教育状況公表 本日
⇒#412@学会;

粘土分散液中の粘土粒子とその乾燥後の構造解析


○今井直人, 中野伊織, 長岡功大, 白谷貴明, 伊藤智博, 立花和宏, 仁科辰夫, 平成30年度 化学系学協会東北大会 , 秋田大学手形キャンパス,
/amenity/~host/yz/c1/index.asp


学会】粘土分散液中の粘土粒子とその乾燥後の構造解析⇒#412@学会;
粘土分散液中の粘土粒子とその乾燥後の構造解析
○今井直人, 中野伊織, 長岡功大, 白谷貴明, 伊藤智博, 立花和宏, 仁科辰夫,講演要旨集 (2018).


AI・粘土のXRD・導電性高分子・世間を知る1)

粘土分散液中の粘土粒子とその乾燥後の構造解析

(山大1山大院理工2山形大学3)  ○今井直人1, 中野伊織1, 長岡功大1, 白谷貴明2, 伊藤智博3, 立花和宏3, 仁科辰夫3

緒言 粘土は様々な産業分野で利用されている1粘土増粘性保湿性などに富むため塗料や化粧品などに使用される2しかし粘土分散液中の粘土粒子の分散状態層間距離などの状態は分かっていない研究粘土分散液中の粘土粒子の状態分散液中と乾燥後の層間距離についてのX線回折構造解析結果報告する

実験方法 粘土分散液2wt%クニピアF水分散液(KP-F), 2wt%スメクトンST水分散液(ST)用意したアルミ製試料ホルダーの裏にスライドガラス貼り窪みに各々の粘土分散液塗りRigaku Ultima X-RAY DIFFRACTOMETERで2θ = 3°~80°の範囲で測定したλ= 1.5456ガラス製試料ホルダーに粘土分散液塗り140時間乾燥させ同じ装置条件で測定した

結果 に粘土分散液のXRD結果示す分散液状態ではKP-FとSTで001面のピーク観測された2140時間乾燥させた粘土分散液のXRDの結果示す001002004面のピーク観測された

結論 粘土粒子は水分散液中でもc-軸方向にはばらけない乾燥後の粘土粒子はガラス板と平行に重なる

AI・粘土のXRD・導電性高分子・世間を知る2)

溶媒のXRD・AI3)

粘土4)

粘土分散液中の粘土粒子とその乾燥後の構造解析5)

粘土分散液中の粘土粒子とその乾燥後の構造解析



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=412

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.