HOME 教育状況公表 本日
⇒#265@学会;

ラットのin vivo ESR計測による酸素曝露下の抗酸化剤評価


○山内公仁,伊藤智博,海老名里花,尾形健明,石田信一,松本清治,土橋宣昭, 第48回電子スピンサイエンス学会年会 , 神戸大学 百年記念館六甲ホール、瀧川記念学術交流会館,



本研究ではインビボ電子スピン共鳴(ESR)使用することによって生きているラットの酸化還元状態の変化測定したIn vivo ESRスピンプローブ法よるTempol1)反復投与適用し高度な酸化ストレス与えたラット用いそのストレス負荷の前に抗酸化剤ビタミンE2)アスタキサンチンおよびクロロゲン酸3)自由摂取させたラットニトロキシルラジカル還元評価比較することで抗酸化剤の能力評価するものである
抗酸化剤投与群酸素曝露群でもほぼ同様の結果が得られ抗酸化剤投与によるラット還元能が大幅に向上していることが判った

In this study, the change in oxidation-reduction state in living rats has been measured by using an in vivo electron spin resonance (ESR). Tempol was repeatedly injected intravenously into an oxygenated rat, and its half-life was serially determined. The results indicated that the half-life of Tempol for oxygenated rats was longer than control group rats. In addition, the reducing ability in oxygenated rats was enhanced by vitamin E, astaxanthin and chlorogenic acid, which were given by oral administration.


山~仁は2010年にそれまでの研究抗酸化剤投与ラットの酸素曝露下におけるin vivo ESR計測というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した4)



L-バンドESR装置によるTEMPOL水溶液のESRスペクトルグラフ.

(1L-バンドESR装置によるTEMPOL水溶液のESRスペクトルグラフ.
(2DL-α-トコフェロールDL-alpha-TocopherolC29H50O2, FW = 430.7148 g/mol, (化学種).
(3クロロゲン酸Chlorogenic acid C16H18O9, FW = 354.31352 g/mol, (化学種).
(4抗酸化剤投与ラットの酸素曝露下におけるin vivo ESR計測
山内公仁, 修士論文, (2010).



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=265

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.