HOME 教育状況公表 本日
⇒#165@学会;

二酸化マンガンを用いたレドックスキャパシタの特性改善


及川文成,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 化学系9学協会連合東北地方大会 , 岩手県盛岡市,



二酸化マンガン用いたレドックスキャパシタの特性改善

二酸化マンガン用いたレドックスキャパシタの特性改善1)

吉野彰らは2004年にハイブリアシンメトリキャパシタについてハイブリ電気自動車HEVに代表されるようにここ数年の間に高特性有するエネルギーデバイス対するニーズ非常に大きくなってきている 負極グラファイトチタンリチウム2)述べている3)


平成16年度化学系学協会連合東北地方大会岩手県盛岡市4)
●化学系学協会連合東北地方大会5)
2004年度-平成16年度6)
2004平成16年度研究ノート7)



【継承】二酸化マンガンを用いたレドックスキャパシタの特性改善
立花和宏, 研究ノート, (2006).

【学会】平成16年度化学系9学協会連合東北地方大会@岩手県盛岡市
立花和宏, 研究ノート, (2004).

【学会】化学系9学協会連合東北地方大会
立花和宏, 研究ノート, (2008).

緒言(C > C1履歴 > 【2004年度(平成16)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2004).

◆2004(平成16)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2004).

(1【継承】二酸化マンガンを用いたレドックスキャパシタの特性改善
立花和宏, 研究ノート, (2006).
(2チタン酸リチウムLiTiO2, FW = 86.8198 g/mol, (化学種).
(3ハイブリッド(アシンメトリック)キャパシタ
吉野彰, ,72,716(2004).
(4【学会】平成16年度化学系9学協会連合東北地方大会@岩手県盛岡市
立花和宏, 研究ノート, (2004).
(5【学会】化学系9学協会連合東北地方大会
立花和宏, 研究ノート, (2008).
(6緒言(C > C1履歴 > 【2004年度(平成16)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2004).
(7◆2004(平成16)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2004).



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=165

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.