HOME 教育状況公表 本日
⇒#138@学会;

誘電損失の異なる試料のESR-CT画像計測


○伊藤智博,尾形健明, 平成12年度化学系7学協会連合東北地方大会 , 秋田,



生体計測ESRCT画像計測装置において,一般に誘電損失が異なる試料の場合,ラジカル濃度を決定することは非常に困難である.そこで,我々は測定試料と既知濃度測定試料と同じ試料を一緒に共振器内に入れ画像計測を行い,得られたESRCT画像マーカー部分と測定試料部分の輝度値を比較して濃度決定を行う方法を提案した.しかし,生体内の誘電損失は,部位別に異なるため,誘電損失の違いがESRCT画像影響を与える可能性がある.本研究では,ESRCT画像へ及ぼす誘電損失影響について検討した.



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=138

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.