HOME 教育状況公表 本日
⇒#12@学会;

クエン酸錯体法によるLiMxOy(M=Mn,Ni,Co)の合成とその電池活物質としての評価法の標準化


○片倉英至,立花和宏,仁科辰夫,松木健三, 第39回電池討論会 , 仙台国際センター,



クエン酸錯体法1)2)によるLiMxOy(M=Mn,Ni,Co)の合成とその電池活物質としての評価法の標準化しました高速充放電データ最初に発表しました3)

関連講義卒業研究-電気化学2004,金集電体|活物質界面4)



クエン酸錯体法によるLiMxOy(M=Mn,Ni,Co)の合成とその電池活物質としての評価法の標準化
○片倉英至,立花和宏,仁科辰夫,松木健三,第39回電池討論会講演要旨集 (1998).

クエン酸錯体法では高速充放電可能な活物質が合成で
立花和宏, 研究ノート, (2000).

高速充放電のためのリチウムイオン二次電池の正極アーキテクチャ
○立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明,第44回電池討論会講演要旨集, pp.400-401 (2003).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > 金集電体|活物質(界面),集電体|活物質(界面)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

(1クエン酸錯体法によるLiMxOy(M=Mn,Ni,Co)の合成とその電池活物質としての評価法の標準化
○片倉英至,立花和宏,仁科辰夫,松木健三,第39回電池討論会講演要旨集 (1998).
(2クエン酸錯体法では高速充放電可能な活物質が合成で
立花和宏, 研究ノート, (2000).
(3高速充放電のためのリチウムイオン二次電池の正極アーキテクチャ
○立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明,第44回電池討論会講演要旨集, pp.400-401 (2003).
(4結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > 金集電体|活物質(界面),集電体|活物質(界面)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=12

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.