HOME 教育状況公表 本日
⇒#4454@講義;

0004.  1500℃が作る東京スカイツリー―鉄鋼―

立花 和宏
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/53202/53202_04.asp

この 講義 無機工業化学 の単元です。 この講義(1500℃が作る東京スカイツリー―鉄鋼―)の親単元は (null) です。

初版

はもっとも身近な金属だ 金属カタチ自由変えることができしかも強くしなやかだ石斧で田んぼ耕すのがいかに困難か想像すれば鉄器農耕飛躍的に進歩させたことがうなずける 日本 弥生時代 鉄器普及し稲作じまり定住生活がはじまりした1)

 材料の変遷
©Copyright 2020  all rights reserved.

1500℃が作る東京スカイツリー鉄鋼

 登呂遺跡
©Copyright 2020 Kazuhiro Tachibana all rights reserved.

2)

3)

4)

 金属のイオン化傾向
©Copyright 2020 Kazuhiro Tachibana all rights reserved.

関連講義電気化学の庵,5)

物理量温度 T 〔K

6)

磁鉄鉱磁性材料

7)

(Fe)

近代製鉄の転炉で使う酸素は空気液化蒸留して作ります

空気液化蒸留窒素酸素

コークス

JIS鉄鋼ステンレスステンレス

8)

JIS鉄道線路

9)

日本の金属の使用は10)始まる稲作は鋤鍬の発明によって実現するのである

11)

石器と鉄器の作り方の違い議論してみよう

12)

周期表のほとんどは金属ですが金属工業的には鉄鋼と非鉄金属に分類されます

元素もの構成する要素として現在までに118個が確認されていますこれらは大別すると金属元素非金属元素分されます物質の最小の単位ではありませんが構成要素して実用上はこれら元素組み合わせによってあらゆるものが出来ていると言えます地球上で発見もしくは人工的に合成されたものが下記の118からなる元素周期表すが原子番号104番以降は超重元素いう天然にはほとんど存在しない放射性元素なります


出典:
元素周期表 13)

家庭産業問わずステンレス成分分ければその種類は200超えると言われますこうした細分化した見方のほか大きな分類でみればその成分はクロム系とクロムニケル系の種類なりますまた金属組織から分類した場合マルテンサイトフェライトオーステナイト析出硬化系相系オーステナイトフェライトいった分類もできます


出典:
ステンレスの種類 | 成分と金属組織、熱処理によって多様な性質を持つ 14)


関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> 立花 和宏. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4454'> <q><cite> 1500℃が作る東京スカイツリー―鉄鋼― </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11133'> 無機工業化学 <a/a> 講義ノート, 2020.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4454'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4454 </a> ,  (参照 <time datetime="2020-8-4">2020-8-4</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4454

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.