HOME 教育状況公表 本日
⇒#2611@講義;

  不定比化合物半導体とショットキー接合

https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/56307/56307_08.asp

この 講義 電気化学特論 の単元です。 この講義(不定比化合物半導体とショットキー接合)の親単元は セラミックス材料~正極活物質と導電助材の働き~ です。

初版
不定比化合物半導体ショトキー接合

酸素不足型不定比化合物酸化亜鉛1)酸化カドミウム酸化チタン酸化アルミニウム2)など酸素が足りないものn型半導体に相当します不足の酸化物イオンアニオンとつりあうだけの電子が共存します電気伝導性の実例 3)

酸素過剰型不定比化合物で酸化ケル酸化銅酸化鉄酸化クロムなど酸素があまっているものp型半導体に相当します不足の金属イオンカチオンとつりあうだけの正孔が共存します

関連講義エネルギー変換化学特論,2009平成21エネ【2005年(平成17)エネ変】4)

半導体界面


エネルギ > 【2005年(平成17)エネ変】,エネルギー変換化学特論_履歴
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2005).

(1酸化亜鉛Zinc OxideZnO, = 81.3894 g/mol, (化学種).
(2酸化アルミニウムAluminum OxideAl2O3, = 101.9612 g/mol, (化学種).
(3 > 電気伝導性の実例
齋藤安俊・齋藤一弥, 金属酸化物のノンストイキオメトリーと電気伝導, 内田老鶴圃, , (1987).
(4エネルギ > 【2005年(平成17)エネ変】,エネルギー変換化学特論_履歴
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2005).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 不定比化合物半導体とショットキー接合 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11208'> 電気化学特論 <a/a> 講義ノート, 2009. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2611'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2611 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-11-13">2019-11-13</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2611

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.