HOME 教育状況公表 本日
⇒#2583@講義;

  【2005年(平成17)エネ変】

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 電気化学特論 の単元です。 この講義(【2005年(平成17)エネ変】)の親単元は エネルギー変換化学特論_履歴 です。

初版
2009平成21エネ

19年度
資料集作成1)
2007年前期2)

グループ討論ディスカション

テーマ

エネルギー変換と物質電池キャパシタ
ねらい

エネルギー物質に蓄えたりその蓄えたエネルギー放出するための物質の選択組み合わせの方法のモデルして電池およびキャパシタとりあげその機能発現と設計について論ずる
目標

電池およびキャパシタついて専門的な見方習得し実際のエネルギーデバイスの設計ができその内容発表したり執筆したりして伝えることができるようになること
キーード

電池;キャパシタ;エネルギー;デバイス

授業計画
授業の方法

大学院の講義であるので受講者の要望や受講人数の変動に応じて柔軟に対処する
日程

 エネルギーの種類
 電気エネルギーと物質~電池とキャパシタコンデンサ
 電気化学的測定手法電池の起電力と分解電圧
 電気重層キャパシタの構造と機能
 リチウムイオン次電池の構造と機能
 力学エネルギーと物質~電池合材スラリーの塗布乾燥
 エネルギーと物質~電池の発熱と安全性~
 エネルギーと物質~太陽電池とディスプレイ
 講演申込から発表までの流れ
10 テーマ目的実験結果考察結論 
11 最終発表会原稿提出
12 最終発表会
13 最終発表会

学習の方法
受講のあり方

予習のあり方

復習のあり方


成績評価の方法
成績評価基準

最終発表会において発表ができその発表要旨が提出されてること
方法

最終発表会発表要旨テストなど

テキスト
P. W. Atkins []/原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
野村正勝鈴鹿輝男, 最新工業化学持続的社会に向けて, 講談社サイエンティフィク, (2004).
山下正通小沢昭弥, 現代の電気化学, 新星社, (1990)3).

考書
考文献
電気化学4)
固体表面5)
電池の起電力6)
電池の起電力と分解電圧7)
電池の起電力と内部抵抗8)
電磁気原子物理9)
直流回路10)
電気と磁気11)
物質の変化12)
物質の反応13)
物質の変化14)
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, (2005).
野村正勝鈴鹿輝男, 最新工業化学持続的社会に向けて, 講談社サイエンティフィク, (2004).
エネルギー
化学エネルギーから電気エネルギー鉛蓄電池リチウムイオン次電池15)
ダニエル電池の作成と単極電位の確認16)

関連講義エネルギー変換化学特論,2007平成19エネ17)
関連講義無機工業化学II,エネルギー変換18)
関連講義卒業研究-電気化学2004,講義200519)

資料集作成
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

2007年前期
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

エネルギ > 化学エネルギーから電気エネルギー(鉛蓄電池、リチウムイオン二次電池),エネルギー変換化学のアウトライン
立花 和宏,エネルギー変換化学, 講義ノート, (2006).

特になし > 電池の起 > 電池の起 > 銀/塩化 > ダニエル電池の作成と単極電位の確認,銀/塩化銀電極(基準電極)の作成とエレクトロメータの較正
遠藤 昌敏,無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2006).

エネルギ > 【2007年(平成19)エネ変】,エネルギー変換化学特論_履歴
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2007).

 > エネルギー変換,
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2006).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 講義2005@C1,【2005年度(平成17)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

(1資料集作成
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(22007年前期
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(3 > 現代の電気化学(目次)
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 新星社, (1990).
(4 > 電気化学
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(5 > 固体表面
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(6 > 電池の起電力
田 薫、原納 淑郎、鈴木 啓三, 応用物理化学II, 培風館, (1990).
(7自由エネ > 電池の起電力と分解電圧
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (198).
(8電気と磁 > 直流回路
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, (1984).
(9 > 電磁気・原子物理
吉田卯三郎, 武居文助共著, 物理学実験, 三省堂, (195).
(10電気と磁 > 直流回路
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, (1984).
(11 > 電気と磁気
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録, 数研出版, (2006).
(12 > 物質の変化
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, (2005).
(13 > 物質の反応
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, (1998).
(14 > 物質の変化
佐野博敏、花房昭静, 総合図説化学, 第一学習社, (1995).
(15エネルギ > 化学エネルギーから電気エネルギー(鉛蓄電池、リチウムイオン二次電池),エネルギー変換化学のアウトライン
立花 和宏,エネルギー変換化学, 講義ノート, (2006).
(16特になし > 電池の起 > 電池の起 > 銀/塩化 > ダニエル電池の作成と単極電位の確認,銀/塩化銀電極(基準電極)の作成とエレクトロメータの較正
遠藤 昌敏,無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2006).
(17エネルギ > 【2007年(平成19)エネ変】,エネルギー変換化学特論_履歴
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2007).
(18 > エネルギー変換,
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2006).
(19緒言(C > C1履歴 > 【200 > 講義2005@C1,【2005年度(平成17)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 【2005年(平成17)エネ変】 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11208'> 電気化学特論 <a/a> 講義ノート, 2005. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2583'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2583 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-11-19">2019-11-19</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2583

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.