HOME 教育状況公表 本日
⇒#2482@研究ノート;

原稿:科学と技術 目まぐるしく変化を続けた日本の稲作とIoT技術による農作業の低減

日時
関係者(共同研究者)

http://www.union-services.com/sst/sst-5.html

日本においての稲作縄文時代にはじまり墾田永年私財法経て現代に受け継がれている1800年代から始まった富国強兵によって次産業が発達するに従って次産業や農業は衰退してきている戦後の食糧難から脱却するための開墾米が余ると減反政策導入自主流通米による米価の調整米の自由化などと農業現場は目まぐるしい変化にさらされている特に農業収入は高卒の初任給に換算すると1975年に比べて2015年では約3分の1まで減少している日本農業政策も2018年の減反政策および転作補助金も終了もってつの終着点迎えるしかしながら農業が衰退することは水資源の減少や将来の食糧自給率の低下意味国力低下否めないこの問題に解決するためにIoT技術活用した室内水耕栽培装置やリモート監視穀物乾燥機の開発試みたLED光源下の室内水耕栽培では苗および出穂まで稲が成長したリモート監視穀物乾燥機においてはキノマクリエイト温度センサー使用して排気温度測ることでインターネ経由して乾燥機の緊急停止監視し農作業の軽減図った


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?nLaboNoteID=2482

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.