🏠
🌡️ 📆 令和6年7月21日
戻る 進む ⇒#272@学会;

亜鉛めっき浴中の光沢剤量の簡便な管理方法


○水口仁志,立花和宏,片桐洋史,山本富孝,小池卓,吉田道正,五十嵐周二, 第122回講演大会 , 東北大学 川内キャンパス,



仮題亜鉛めっき浴中の光沢剤量の簡便な管理方法

著者
山形大院理工水口仁志立花和宏片桐洋史
ディプソール山本富孝小池卓五十嵐周


関連書籍
表面の機能化1)
表面の退色耐摩耗性2)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,学会発表20103)
仁科先生の工場見学ルポ,ディプソール4)

学会122回講演大会仙台5)



緒言(C > C1履歴 > 【201 > 学会発表2010◆H22@C1,【2010年度(平成22)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

化学・化 > ディップソール,化学・化学分析関係
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2009).

【学会】第122回講演大会@宮城県仙台市
立花 和宏, 研究ノート, (2010).

(1 > 表面の機能化
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, , (2012).
(2表面処理 > 表面の退色・耐摩耗性化
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, , (2012).
(3緒言(C > C1履歴 > 【201 > 学会発表2010◆H22@C1,【2010年度(平成22)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).
(4化学・化 > ディップソール,化学・化学分析関係
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2009).
(5【学会】第122回講演大会@宮城県仙台市
立花 和宏, 研究ノート, (2010).


第122回講演大会
20100906
亜鉛めっき浴中の光沢剤量の簡便な管理方法
○水口仁志,立花和宏,片桐洋史,山本富孝,小池卓,吉田道正,五十嵐周二

  1 学会発表
口頭発表( 講演
表面技術協会秋2023 riku kenya
  1. 構成 1 )
  2. 題目
  3. カテゴリーの設定、オーラルか?ポスターか?
  4. 講演申し込み

    著者の確認:単著か共著か?共著の場合は、役割分担を明記。ギフトオーサーシップやゴーストオーサーシップは 研究不正 です。 、指示抄録

  5. 参加申し込み 🔷 旅程の作成、宿泊、交通手配、パスポート、クレカ
  6. 講演 草案 (スライド草稿、台本草稿)
  7. 要旨提出

    講演要旨なので、講演スライドの草案をもとに作ります。

ポスター発表(ショートプレゼンあり、なし)

論文講演は、 著作物であり、 知的財産です。

電気化学会発表の著作権規定

参考文献


<!-- 学会発表 学会発表 学会発表 -->
<ul>
<li>
<article>
○水口仁志,立花和宏,片桐洋史,山本富孝,小池卓,吉田道正,五十嵐周二. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=272'> <q><cite> 亜鉛めっき浴中の光沢剤量の簡便な管理方法 </q></cite> </a>.
第122回講演大会, 東北大学 川内キャンパス. 2010.
</article>
</li>
</ul>
<!-- 学会発表 学会発表 学会発表 -->

<%nExtID=272:szRefType="meeting":szRefHeadLine="○水口仁志,立花和宏,片桐洋史,山本富孝,小池卓,吉田道正,五十嵐周二,第122回講演大会(2010)."%>
<!-- #include virtual ="/developer/Include/ref_num.inc" -->


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=272
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.