🏠
🌡️ 📆 令和6年7月13日
戻る 進む ⇒#234@学会;

片状黒鉛鋳鉄の被削性に対する格子間距離の影響


○川島浩一,重野勝利, 立花和宏,鈴木美恵, (社)日本鋳造工学会 第153回全国講演大会 , 石川県石川郡野々市町扇が丘7-1 金沢工業大学扇が丘キャンパス,



片状黒鉛鋳鉄の被削性に対する格子間距離の影響
鋳鉄中約%ほど含有されるSiはフェライト中に固溶シリコフェライトとして存在しています  Fe原子より小さいSi原子格子間距離小さくし転位格子乱れの発生源となり得ます  XPSによる酸素原子反応性違いやXRDよる格子間距離とSi原子の挙動と被削性との関係まとめ発表したいと思います

かわしま1)みえ2)

片状黒鉛鋳鉄の被削性に対する片状黒鉛鋳鉄の被削性に対する
格子間距離の影響格子間距離の影響
マツバラマツバラ○川島 重野 勝利
山形大学山形大学 立花 和宏 立花 和宏
山形大学 山形大学  鈴木美恵

鋳鉄カーボンに次ぐ合金成分であり約  鋳鉄カーボン次ぐ合金成分であり約mass%以上存在するシリコンあるがその被以上存在するシリコンであるがその被削性に対する影響は多くは語られていない 削性に対する影響は多くは語られていないそこで そこでXRDによる格子間距離とシリコン原子による格子間距離とシリコン原子の挙動と被削性との関係 の挙動と被削性との関係XPSによる結果による結果
とあわせて考察する

関連講義仁科先生の工場見学ルポ,株式会社マツバラ3)



株式会社マツバラ,鉄鋼関連(製鉄、鋳造)
仁科 辰夫, 仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2008).

(1ねずみ鋳鉄
川島, 博士論文, (2011).
(2鋳鉄の組織分析(仮)
鈴木 美恵, 卒業論文, (2009).
(3株式会社マツバラ,鉄鋼関連(製鉄、鋳造)
仁科 辰夫, 仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2008).


(社)日本鋳造工学会 第153回全国講演大会
20081024
片状黒鉛鋳鉄の被削性に対する格子間距離の影響
○川島浩一,重野勝利, 立花和宏,鈴木美恵

  1 学会発表
口頭発表( 講演
表面技術協会秋2023 riku kenya
  1. 構成 1 )
  2. 題目
  3. カテゴリーの設定、オーラルか?ポスターか?
  4. 講演申し込み

    著者の確認:単著か共著か?共著の場合は、役割分担を明記。ギフトオーサーシップやゴーストオーサーシップは 研究不正 です。 、指示抄録

  5. 参加申し込み 🔷 旅程の作成、宿泊、交通手配、パスポート、クレカ
  6. 講演 草案 (スライド草稿、台本草稿)
  7. 要旨提出

    講演要旨なので、講演スライドの草案をもとに作ります。

ポスター発表(ショートプレゼンあり、なし)

論文講演は、 著作物であり、 知的財産です。

電気化学会発表の著作権規定

参考文献


<!-- 学会発表 学会発表 学会発表 -->
<ul>
<li>
<article>
○川島浩一,重野勝利, 立花和宏,鈴木美恵. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=234'> <q><cite> 片状黒鉛鋳鉄の被削性に対する格子間距離の影響 </q></cite> </a>.
(社)日本鋳造工学会 第153回全国講演大会, 石川県石川郡野々市町扇が丘7-1 金沢工業大学扇が丘キャンパス. 2008.
</article>
</li>
</ul>
<!-- 学会発表 学会発表 学会発表 -->

<%nExtID=234:szRefType="meeting":szRefHeadLine="○川島浩一,重野勝利, 立花和宏,鈴木美恵,(社)日本鋳造工学会 第153回全国講演大会(2008)."%>
<!-- #include virtual ="/developer/Include/ref_num.inc" -->


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=234
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.