🏠
📆 令和4年10月7日
戻る 進む ⇒#121@学会;

フィールドワーク対応小型L-バンドESR装置の開発


○伊藤智博,種市暁,尾形腱明, 日本分析化学会第52年会 , 仙台,



スピンプローブESR法は,生体酸化還元機能情報を得る方法として新たな展開がはかられている.本研究では,動植物が生息している生態系の環境情報を含んだ生体酸化還元機能計測を実現するために,フィールドワーク対応小型L-バンドESR装置の開発を行った.本発表では,内部選択性センサーおよび面選択性センサーの開発を中心とした小型L-バンドESR装置全体の開発過程について報告し,次に,この装置を用いるスピンプローブESR法の応用計測の一つとして,飼育現場でのサクラマス魚卵の酸化還元機能計測を行い,今まで観測できなかった新しい知見を得たので報告する.


日本分析化学会第52年会
20030923
フィールドワーク対応小型L-バンドESR装置の開発
○伊藤智博,種市暁,尾形腱明

参考文献


<!-- 学会発表 学会発表 学会発表 -->
<ul>
<li>
<article>
○伊藤智博,種市暁,尾形腱明. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=121'> <q><cite> フィールドワーク対応小型L-バンドESR装置の開発 </q></cite> </a>.
日本分析化学会第52年会, 仙台. 2003.
</article>
</li>
</ul>
<!-- 学会発表 学会発表 学会発表 -->

<%nExtID=121:szRefType="meeting":szRefHeadLine="○伊藤智博,種市暁,尾形腱明,日本分析化学会第52年会(2003)."%>
<!-- #include virtual ="/developer/Include/ref_num.inc" -->


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=121


このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.