アメニティ研究所 (C)1996 - 2018   Copyright  データベースアメニティ研究所
 

データベースアメニティ研究所

>>データベースアメニティ研究所<<

インターネットとデータベースを使った技術に関する研究

近年、AI(人工知能)やIoT、ビッグデータがビジネスに活用され始めている一方、それらの基盤となるデータベースの構築や維持、AI開発者の人手不足、権利帰属問題、さらには法的な責任問題、などなど多くの解決すべき課題が多い。大学は学術の中心として文化の発展に貢献すべく、教育を通して知的財産として著作物や発明の創造を促す役割を担っており、それらの課題に対するソリューションを研究していく必要がある。大学には、薬品、消耗品、装置、測定結果、モニタリング結果などといった実験リソースはもちろんのこと、卒業論文、研究ノート、共同研究報告書、シラバス、講義ノート、書籍というような知的財産の源となる教育研究リソースも数多く存在する。

これらの状況を踏まえ、データベースに蓄積された、教育研究リソースをビッグデータとして体系化し、それらを活用するAI(人工知能)に関する研究と開発を行い、あらゆる可能性について分野を超えて模索する。論文刊行、書籍出版、講演のための剽窃チェック、転載許諾を含む、デジタル著作権管理(DRM)技術の研究と開発を行う。サイバースペースに存在するリソースを攻撃から守るセキュリティ技術や、権利の帰属を明らかにする認証技術の研究と開発を行う。また実際に農業や介護と言った人手不足が予見できる分野、あるいはエネルギーやバッテリーと言った分野においてAI(人工知能)をネットでシームレスに接続するためのIoT技術について研究と開発を行う。特にスマートフォンと無線LANを使った現代の若者のライフスタイルに適合できるシステムを模索する。

サイバーキャンパス「鷹山」

このシステムは、 山形大学 バーチャル研究所 として公式に認定した データベースアメニティ研究所 ボランティア で、設計、開発、運営、管理しています。全てのページは データベースアメニティ研究所 が独自に研究開発した成果をリアルタイムに配信している情報で、 山形大学 公式に提供する広報ではありません。従って、このページの内容や表現に関するお問い合わせは、 データベースアメニティ研究所 の方へお願いいたします。


サービスの正式名称:サイバーキャンパス「鷹山」
機関名:国立大学法人 山形大学
部局名:データベースアメニティ研究所工学部
連絡先: 所長仁科辰夫
UPKIイニシアティブによる証明書
Common Name = a.yamagata-u.ac.jp
Oganization = Yamagata University
Organizational Unit = Faculty of Engineering
Locality = Academe2
Cuntory = JP

アメニティ研のシラバス
データベースアメニティ研究所
バーチャル研とは
認定規則
米沢高等工業学校
C1ラボラトリー エネルギー変換化学
Youth(English) MASA MUDA(Indonesian) 青春(Korean)