HOME 教育状況公表 本日
⇒#460@研究ノート;

?

日時
関係者(共同研究者)


weeklyレポート0414
 今回の実験通してC-PROの検量線の作成およびESR X-band装置の使用方法について学ぶことができた
  実験内容X-band ESR装置用いてgain16.00でC-PRO溶液100μM75 μM50 μM25 μM12.5 μM それぞれ測定後得られたデータ元に検量線作成した
 実験結果から濃度と信号強度比は比例関係になることがわかったまたデータだけ見るとばらつきはあったものの相関係数ほぼ0.9近かったので精度が高いものと言える


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?nLaboNoteID=460

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.