HOME 教育状況公表 本日
⇒#524@研究ノート;

?

日時
関係者(共同研究者)


Weeklyレポート200606-2
日時200665日~200669
目的ストレス負荷させた時の測定操作学ぶ
方法ドキャベツスプラウト対するオゾン暴露の様子測定したドキャベツスプラウト4cm暗所で25mMのC-PRO30分吸水させその後IE水30分吸水させたL-band ESR装置用いて30分測定したがそのうち測定開始から5分後20分後からそれぞれ5分間オゾン暴露した
結果測定結果図にまとめたしかしオゾン暴露した時の反応が見られなかった気体検知管の企画が異なっていたためオゾン出ているか測定できなかった
今後の計画オゾン暴露で反応が見られるトウミョウオゾン有無確認する


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=524

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.