🏠
🌡️ 📆 令和5年6月6日
◀ 戻る 進む ▶

🗒️ ?

⇒#526@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)


Weekly レポート 2006年6月第2週
日時:2006/06/05~2006/06/09
目的:動物実験に慣れる。
方法:ネンブタール麻酔薬(1ml/kg)をラットの腹腔内に投与する。十分、麻酔が効いているのを確認後、
①:ヘパリン生理食塩水入りシリンジ・27G*1/2翼付静注針を尾静脈内に挿入、固定する。
②:開腹し、臓器の位置を確認した。
結果:麻酔を怖がってしまったたため、ラットが暴れて、余計に打ちづらくなってしっまった。麻酔は、生理食塩水で10倍希釈したほうが、効きやすいことがわかった。また、肝臓が3つもあることにびっくりた。
次回までの課題:もう一度、開腹し『 新生化学実験講座 19 動物実験法 』を読んで、胸腹部内蔵の名称と位置を確認し覚える。引き続き、尾静脈注射を練習する。

表器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
表サンプル(履歴)
履歴ID概要
表装置(履歴)
履歴ID概要

図   1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=526


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2023 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.