HOME 教育状況公表 本日
⇒#523@研究ノート;

?

日時
関係者(共同研究者)


weeklyレポート2006060520060609
目的1前回の実験に用いたスプラウト全量抽出行う2ウコギ用いて実験行いX-band ESR装置でのストレス応答計測実験操作慣れる
実験ウコギ25mMのC-PRO30分間吸わせIE水に差し替えて30分間置いた後X-band ESR装置30分間測定した8101820分の時に傷ストレス与えた
結果考察1全量抽出の結果1示す(計算の際に用いたC-PROの検量線1示す2実験結果2示すストレス与えた後信号強度比が増加したが前回のスプラウトよりもその変化は少なかったまた全量抽出の結果2示す前回よりも実験操作スムーズ行うことが出来たと思う
今後の課題 X-band ESR装置でのストレス応答計測実験操作ストレス負荷人で出来るようにする


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=523

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.