HOME 教育状況公表 本日
⇒#409@研究ノート;

大学電子認証基盤シンポジウム  聴講レポート

日時
関係者(共同研究者)



名称 大学電子認証基盤シンポジウム1)
- 最先端学術情報基盤CSI実現に向けた全国大学共同電子認証基盤UPKI構築 -

日時 平成18215 10:3017:30
会場 橋記念講堂 東京都代田区2-1-2 学術総合センター 2
主催 国立情報学研究所2)
共催 文部科学省北海道大学情報基盤センター東北大学情報シナジーセンター東京大学情報基盤センター名古屋大学情報連携基盤センター京都大学学術情報メディアセンター大阪大学サイバーメディアセンター州大学情報基盤センター
後援 総務省
協賛 社団法人私立大学情報教育協会日本PKIフォーラム

* 目的 *
 国立情報学研究所と大学が連携し大学間の全国共同電子認証基盤UPKI構築開始するにあたりその構想広く周知するとともに期待される効果とその達成方法について議論します


* プログラム *

  国立情報学研究所 情報基盤研究系 教授 曽根原

開会のご挨拶
10:3010:40 国立情報学研究所長 坂内 正夫

10:4010:50 文部科学省 研究振興局 情報課長 松川 憲行

特別講演
10:5011:30 情報セキュリティ大学院大学 学長
総合科学としての情報セキュリティ 辻井 重男

楕円暗号やRSA暗号化とPKI関係説明いただいた

11:3012:05 国立情報学研究所 特任教授
牧野総合法律事務所 所長弁護士
最先端学術情報基盤CSI実現に向けた全国大学共同電子認証基盤UPKI構築 牧野

弁護士としての立場から国立大学法人における問題点法律NDA知財などについて説明していただいた

12:0512:40 総務省 総合通信基盤局 電気通信事業部 電気通信技術システム課長
ユビキタス社会ーク基盤 渡辺 克也

総務省で進めているPKI事業PKIPKIUPKI概要と今後の日本の認証基盤について説明いただいた

<<休  80分>>
講演
14:0014:50 国立情報学研究所 客員教授
京都大学 学術情報メディアセンター 研究開発 教授
大学間連携のための全国共同電子認証基盤UPKI構築事業 岡部 寿男

UPKI全体像の概要説明いただいたブリッジ認証局BCA導入されるのかは不明である
またウェブSSL用の証明機関のルート証明配布は分に検討しているようであった
まずはグリッド大型計算機センター中心になって進めるとのことであった
PKI構造なるスキーマ現在検討中のようで今後の動向に期待している

<<休  20分>>
パネルディスカション
15:1017:20 発表及び討論
コーディネータ 国立情報学研究所 客員教授 岡部 寿男

パネリスト 総務省 情報通信政策局 情報セキュリティ対策室 課長補佐
ユビキタス社会電子認証基盤 高村 

東京工業大学 学術国際情報センター
研究教育促進する先進的ICTインフラストラクチャ整備 酒井 善則

NEC ユビキタスソフトウェア事業部 シニアエキスパート
セキュリティマネジメント認証 小松 文子

NTT 情報流通基盤総合研究所 情報流通プラトフォーム研究所長
認証プラトフォーム事業の現状と今後 工藤 明彦

国立情報学研究所 情報基盤研究系 教授
全国大学共同電子認証基盤UPKI構築におけるNIIからの提案 曽根原

閉会のご挨拶
17:2017:30 国立情報学研究所 副所長 東倉



国立情報学研究所,大学共同利用機関法人
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

(1大学電子認証基盤シンポジウム会議.
(2国立情報学研究所,大学共同利用機関法人
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=409

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.