HOME 教育状況公表 本日
⇒#123@研究ノート;

尾形研究室基礎実験(固体資料のESR測定、4年生

日時
関係者(共同研究者)

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

尾形研究室基礎実験固体資料のESR測定年生向
担当 2005-M-F

[目的]
大型X-band ESR装置使用して固体資料の測定行い装置の使用法とESRスペクトルエネルギー飽和について理解する

使用する試料
アセチレンブラ グラファイトKS-441) テリーブラ
以上の3種より2選択しヘマトクリ毛細管に詰めて測定する
使用する重量は1試料につき約2030mg

実験内容
 大型X-band ESR装置の操作方法使用上の注意点について説明聞きヘマトクリ毛細管に詰めた試料の測定行う
 マイクロ波の出力低出力から高出力(200mW)に変更していきスペクトル強度の変化調べスペクトル強度定規で測りその値縦軸横軸マイクロ出力平方根とりグラフ化するExcel使用する
 前日に続き異なる試料の測定行い結果前日同様にグラフ化する
 マイクロ波の出力変更することによってなぜスペクトルの強度が変化するのか各自文献など調査する
 形式にそって報告書作成し発表する



グラファイト ks-44 のESRスペクトル [4mw・マンガン有] グラフ.

(1グラファイト ks-44 のESRスペクトル [4mw・マンガン有] グラフ.


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=123

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.