HOME 教育状況公表 本日

たんぱく質

1.

エネルギー産生栄養素のひとつ

蛋白質タンパク質1)多数のアミノ酸縮合重合ペプチド結合したポリペプチド基本にした数分子量ナノメートルサイズ持つ物質のなかま2)加水分解するといろいろなアミノ酸生じます生物細胞中に含まれるため多くの食品に含まれていますまた衣服に使われる動物繊維の主成分です

動物の代謝のなかでタンパク質分解生じるアンモニア3)魚類などではそのまま排出されます4)尿素5)6)7)尿酸8)変換されて排出されます9)

細胞中では遺伝子の実体であるDNAから情報伝令RNA転写されリボソーム上でたんぱく質に翻訳されます病原体となるたんぱく質もありますウィルスエンベロープのたんぱく質は感染の初期段階に利用されたりします生体内には構造タンパク質酵素タンパク質収縮タンパク質機能タンパク質調節タンパク質防御タンパク質輸送タンパク質ホルモンなどに分類されるタンパク質が働いています抗原となることもありますその働きにはたんぱく質の立体構造が大きくかかわっています分子量が大きいのでそのままMS分析できなかったのですがノーベル賞受賞した田中耕氏のイオン化法によって分析できるようになりました化学概論10)生物有機化学I11)

物質量 n 〔molあたりが燃焼するときの熱量は燃焼熱 x 〔kJ/molといいます食品ではgあたりのカロリータンパク質糖質kcal脂質kcalとします12)13)

たんぱく質窒素大気窒素固定されています14)


2.

生物無機化学