HOME 教育状況公表 本日

ペプチド結合

1.

タンパク質6,6-ナイロンの主要な結合ですアミノ酸どうしは方のアミノ基と他方のカルボキシル基との間で水分子がとれてペプチド結合構成します

タンパク質ポリマーカルボキシル基アミノ基コロイド粒子の帯電となるため溶媒あるいは分散媒のpHで平衡がずれると電気泳動大きさも変わります1)



(1生物電気化学:生体機能をさぐる
藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著, 電気化学測定法, 技報堂出版, (1984).