HOME 教育状況公表 本日
⇒#632@研究ノート;

【講演】「リチウム二次電池」のセミナー

日時
関係者(共同研究者)


さて先日ご相談させていただきました28()
リチウム次電池セミナー件ですが
早速レジュメ作成用フォーマお送りいたします
年明けの()までにご返信お願いいたしたく存じます
何かご不明な点がございましたらご遠慮なくお申し付けください
年末年始のお忙しい中恐縮ではございますが
ご対応の程よろしくお願い申し上げます

ご講演タイトルリチウム次電池における電極電解質()界面評価(仮題)1)

電池おける電解質の役割
溶媒誘電率電解質溶解度
カチオンアニオン選択
電解質溶液抵抗導電率
電解質電位窓エネルギー
分解電圧過電圧
水分濃度
溶媒粘度
電極おける状態
結着材存在
ゴムマトリクス状態
ゲル電解質
組み電池とガス発生

イオン液体関連2)

要約 技術情報協会3)
リチウムイオン次電池の正極構造と性能評価 4)
リチウムイオン次電池の正極構造と電池性能5)

技術情報協会セミナー6)



リチウムイオン二次電池における電極/電解液界面,リチウムイオン二次電池の正極構造と性能評価
仁科 辰夫, リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2006).

イオン液体関連,電解液
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

(1リチウムイオン二次電池における電極/電解液界面,リチウムイオン二次電池の正極構造と性能評価
仁科 辰夫, リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2006).
(2イオン液体関連,電解液
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(3技術情報協会会議.
(4リチウムイオン二次電池の正極構造と性能評価
立花 和宏, 技術情報協会, (2006).
(5リチウムイオン二次電池の正極構造と電池性能
立花 和宏, ㈱技術情報協会 セミナー , (2004).
(6技術情報協会セミナー会議.


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?nLaboNoteID=632

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.