HOME 教育状況公表 本日
⇒#161@研究ノート;

物質管理システム

日時
関係者(共同研究者)

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/c1_2005.html

物質管理システム

200112月説明会1)

志井洋介,伊…らは2006年にで開催された平成18年度 化学系学協会東北大会において環境教育と環境マネジメント統合システム開発ついて報告している2)

2006年仙台で3)で渡辺準司君4)発表しました
2005仲宗根亮,化学学協会連合東北地5)
紀要6)

PRTRシステムマニュアル作成7)
ESR関するノート考文献に引用します8)
タンタル9)LCRメータ(NF ZM 2355)10)で測定しました


http://syllabus-…

PRTR法関係11)

クロロホルム12)メチルアルコール13)などの材料14)危険物です
アスベスト15)うちアモサイト及びクロシドライト除く材料16)指定化学物質です


サイバーキャンパス発展17)資料




PRTR説明会
立花和宏, 研究ノート, (2003).

環境教育と環境マネジメントの統合システムの開発
志井洋介,伊藤智博,立花和宏,奥山澄雄,仁科辰夫,尾形健明, 平成18年度 化学系学協会東北大会, (2006).

平成17年度化学系9学協会連合東北地方大会@宮城県仙台市
立花和宏, 研究ノート, (2005).

教育・研究のためのPRTR法対応薬品管理システムの概要と薬品管理の現状
○渡邉隼司,伊藤智博,田中良樹,仲宗根亮,及川文成,大木信典,立花和宏,奥山澄雄,仁科辰夫,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).

PRTR法に対応した化学物質管理・公開システムの開発
仲宗根亮,田中良樹,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 化学系9学協会連合東北地方大会, (2004).

PRTRシステムのマニュアル作成
伊藤晋, 研究ノート, (2003).

ESRで発見!EC+DEC、PC+DME
久保篤嗣, 研究ノート, (2004).

LCRメータ測定装置.

材料とは?,
仁科 辰夫, PRTR対策システム, 講義ノート, (2007).

サイバーキャンパスの発展
立花和宏, 研究ノート, (2005).

(1PRTR説明会
立花和宏, 研究ノート, (2003).
(2環境教育と環境マネジメントの統合システムの開発
志井洋介,伊藤智博,立花和宏,奥山澄雄,仁科辰夫,尾形健明, 平成18年度 化学系学協会東北大会, (2006).
(3平成17年度化学系9学協会連合東北地方大会@宮城県仙台市
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(4教育・研究のためのPRTR法対応薬品管理システムの概要と薬品管理の現状
○渡邉隼司,伊藤智博,田中良樹,仲宗根亮,及川文成,大木信典,立花和宏,奥山澄雄,仁科辰夫,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).
(5PRTR法に対応した化学物質管理・公開システムの開発
仲宗根亮,田中良樹,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 化学系9学協会連合東北地方大会, (2004).
(6サイバーキャンパスの構築とその実用化への問題点の抽出
立花和宏、奥山澄雄、伊藤智博、仁科辰夫、尾形健明、亀田恭男、妹能晴弥、高橋国法、高田健次郎、猪狩惺、小沢昭弥、足立敏、延末憲三, 山形大学紀要(工学)Vol.28, No.2,p.53-64, (2005).
(7PRTRシステムのマニュアル作成
伊藤晋, 研究ノート, (2003).
(8ESRで発見!EC+DEC、PC+DME
久保篤嗣, 研究ノート, (2004).
(9タンタル(ワイヤ)試料.
(10LCRメータ測定装置.
(11/amenity/PRT…(PRTR法関係)
仁科 辰夫, PRTR対策システム, (2007).
(12クロロホルムChloroform, (材料).
(13メチルアルコール, (材料).
(14材料とは?,
仁科 辰夫, PRTR対策システム, 講義ノート, (2007).
(15アスベスト, (材料).
(16石綿(アモサイト及びクロシドライトを除く), (材料).
(17サイバーキャンパスの発展
立花和宏, 研究ノート, (2005).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?nLaboNoteID=161

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.