HOME 教育状況公表 本日
⇒#127@研究ノート;

電池の導電助材/炭素

日時
関係者(共同研究者)

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/c1_2005.html

電池導電助材炭素

まつはしは2002年にそれまでの研究微粒炭素分散液用いたアルミニウム集電体接触抵抗低減というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した1)

カーボン材料してグラファイトアセチレンブラ2)などが導電助材として使われます3)内部抵抗電流特性など4)影響します なり5)…ことが知られている6)

2001平成13年度ノート7)



グラファイトとアセチレンブラック
立花和宏, 研究ノート, (2001).

一次電池および二次電池の充放電時における正極導電助材としての炭素材料の機能
○立花和宏, 第38回電池討論会, (1997).

内部抵抗と電流特性,正極の電極構造と電池性能
仁科 辰夫, リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2006).

カーボン材料,材料&試料
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

◆2001(平成13)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2001).

(1微粒炭素分散液を用いたアルミニウム集電体接触抵抗の低減
松橋 大輔, 卒業論文, (2002).
(2グラファイトとアセチレンブラック
立花和宏, 研究ノート, (2001).
(3一次電池および二次電池の充放電時における正極導電助材としての炭素材料の機能
○立花和宏, 第38回電池討論会, (1997).
(4内部抵抗と電流特性,正極の電極構造と電池性能
仁科 辰夫, リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2006).
(5電気化学キャパシタの急速充放電時における有効容量の向上
及川文成, 修士論文, (2007).
(6カーボン材料,材料&試料
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(7◆2001(平成13)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2001).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?nLaboNoteID=127

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.