HOME 教育状況公表 本日
⇒#708@研究ノート;

【特許】出願2003-185839;固体電解コンデンサ用バルブメタル

日時
関係者(共同研究者)


…らは2003年に固体電解コンデンサバルブメタル焼結体その製造方法およびこの焼結体用いた固体コンデンサついて報告し固体電解コンデンサバルブメタル焼結体その製造方法およびこの焼結体用いた固体コンデンサ 共願 2003 特許特願2003-185839 固体電解質電解コンデンサおける漏れ電流評価するた…と述べている1)

4/16
出願番号 : 特許出願2003185839 出願日 : 200327
公開番号 : 特許公開200519893 公開日 : 200520
出願人 : 独立行政法人科学技術振興機構 発明 : 立花 和宏

発明名称 : 固体電解コンデンサバルブメタル焼結体その製造方法およびこの焼結体用いた固体電解コンデンサ



要約:

課題多孔質バルブメタル焼結体使用した固体電解コンデンサおいて焼結体焼結プロセス特定雰囲気下で管理することによって漏洩電流小さくしようというものである
解決手段バルブメタル粉末焼結して多孔質固体電解コンデンサバルブメタル焼結体得るプロセスおいて窒素含まない不活性ガス雰囲気下で焼結しあるいはさらに引き続き窒素含まない不活性ガス雰囲気中で冷却することによって窒化物生成抑制した焼結体これによって固体電解コンデンサリーク電流小さくする
選択図 なし

(立花和宏尾形健明仁科辰夫遠藤孝志岡田和正)

岡田 和正は2002年にそれまでの研究ニオブアノード酸化皮膜絶縁性及び固体電解質よる皮膜修復性能の評価というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した2)

200327日出願
JST2003-007
代理人森竹義昭
2003平成15年度ノート3)

200511日審査請求
2005平成17年度ノート4)
by 立花和宏



◆2003(平成15)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2003).

◆2005(平成17)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2005).

(1特許特願2003-185839固体電解コンデンサ用バルブメタル焼結体とその製造方法およびこの焼結体を用いた固体コンデンサ
, 特許特願2003-185839, (2003).
(2ニオブアノード酸化皮膜の絶縁性及び固体電解質による皮膜修復性能の評価
岡田 和正, 卒業論文, (2002).
(3◆2003(平成15)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2003).
(4◆2005(平成17)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2005).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=708

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.