🏠
🌡️ 📆 令和4年12月1日
◀ 戻る 進む ▶

🗒️ 【講演】高分子コンデンサ_技術情報協会@東京都

⇒#209@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)


技術情報協会(講演)1)

高分子コンデンサの低ESR化およびアノード酸化皮膜の表面欠陥対策

タンタルコンデンサにおける低ESR化と製品応用
NECトーキン(株)エネルギーデバイス事業本部 深海隆氏

固体電解コンデンサの耐電圧と漏れ電流-アノード酸化皮膜の表面欠陥とカソード材料の接触界面-
山形大学工学部 立花和宏

技術情報協会2)で「固体電解コンデンサの耐電圧と漏れ電流-アノード酸化皮膜の表面欠陥とカソード材料の接触界面-」について講演しあした。この後、キャパシタの勉強をしに関西大学3)へいきました4)

技術情報協会
http://www.gijut…

㈱技術情報協会セミナー@東京五反田5)
技術情報協会@東京王子6)
技術情報協会(講演)@東京都五反田7)
技術情報協会(講演)@東京都8)

日時:2005年1月9)

【関連講義】
タンタル固体電解コンデンサ10)
セミナー2004@C111)



キャパシタ技術委員会
立花 和宏, 研究ノート, (2005).

【講演】ニオブコンデンサ_技術情報協会@東京都五反田
立花 和宏, 研究ノート, (2003).

【講演】リチウムイオン二次電池_技術情報協会@東京王子
立花 和宏, 研究ノート, (2004).

【講演】技術情報協会@東京都五反田
立花 和宏, 研究ノート, (2005).

【講演】高分子コンデンサ_技術情報協会@東京都
立花 和宏, 研究ノート, (2005).

2005年1月
立花 和宏, 研究ノート, (2005).

緒言(C > è£½å“èª¿æŸ» > ã‚¨ãƒãƒ«ã‚® > ã‚­ãƒ£ãƒ‘ã‚· > ã‚¿ãƒ³ã‚¿ãƒ«å›ºä½“電解コンデンサ,キャパシタ(コンデンサ)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

緒言(C > ï¼£ï¼‘履歴 > ã€ï¼’00 > ã‚»ãƒŸãƒŠãƒ¼ï¼’004@C1,【2004年度(平成16)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2004).

(1㈱技術情報協会 セミナー会議.
(2固体電解コンデンサの耐電圧と漏れ電流-アノード酸化皮膜の表面欠陥とカソード材料の接触界面-
立花 和宏, ㈱技術情報協会 セミナー, (2005).
(3関西大学学校
.
http://www.kansai-u.ac.jp/index.html
(4キャパシタ技術委員会
立花 和宏, 研究ノート, (2005).
(5【講演】ニオブコンデンサ_技術情報協会@東京都五反田
立花 和宏, 研究ノート, (2003).
(6【講演】リチウムイオン二次電池_技術情報協会@東京王子
立花 和宏, 研究ノート, (2004).
(7【講演】技術情報協会@東京都五反田
立花 和宏, 研究ノート, (2005).
(8【講演】高分子コンデンサ_技術情報協会@東京都
立花 和宏, 研究ノート, (2005).
(92005年1月
立花 和宏, 研究ノート, (2005).
(10緒言(C > è£½å“èª¿æŸ» > ã‚¨ãƒãƒ«ã‚® > ã‚­ãƒ£ãƒ‘ã‚· > ã‚¿ãƒ³ã‚¿ãƒ«å›ºä½“電解コンデンサ,キャパシタ(コンデンサ)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(11緒言(C > ï¼£ï¼‘履歴 > ã€ï¼’00 > ã‚»ãƒŸãƒŠãƒ¼ï¼’004@C1,【2004年度(平成16)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2004).

表器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
表サンプル(履歴)
履歴ID概要
表装置(履歴)
履歴ID概要

図   1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=209


このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.