HOME 教育状況公表 本日
⇒#1854@研究ノート;

クロロゲン酸の分子軌道計算(HF or B3LYP_6-31G(d); ZINDO CI)

日時
関係者(共同研究者)

http://mri.yz.yamagata-u.ac.jp/

クロロゲン酸の分子起動計算(B3LYP_6-31G(d); ZINDO CI)

クロロゲン酸の分子軌道計算(B3LYP_6-31G(d); ZINDO CI)

O-H結合解離エネルギーD(OH)計算すると
 HF/6-31G(d)では152.5991748 kJ/mol1)
 B3LYP/6-31G+(d,p)では324.4484983 kJ/mol2) 
であった(D(OH)はクロロゲン酸の水素原子が引き抜かれてクロロゲンラジカルになるときのエネルギーであるラジカルエネルギーと呼ばれることもある

試料 クロロゲン3)
最適化: HF_6-31G(d) or B3LYP_6-31G(d) ; Gaussian
UV計算: ZINDO CI

計算時間2時間

関連グラフ
クロロゲン酸の分子軌道計算によるUV Transitions4)

関連キーード
ポリフェノール抗酸化物質

SCFの結果
SCF Done: E(RB3LYP) = -1297.52498891 A.U. after 15 cycles
SCF Done: E(RHF) = -1290.12986860 A.U. after 15 cycles
The energy of the present structure is 61.0395 kcal/mol.(MM3)

クロロゲンラジカル考結果
SCF Done: E(UHF) = -1289.53206784 A.U. after 28 cycles
The energy of the present structure is 60.9339 kcal/mol.

クロロゲンイオン考結果
The energy of the present structure is 81.8865 kcal/mol.
SCF Done: E(RHF) = -1289.58309559 A.U. after 16 cycles



クロロゲン酸の分子軌道計算によるUV Transitions グラフ.

(1クロロゲン酸のD(OH;HF)数値.
(2クロロゲン酸のD(OH;B3LYP/6-31g+(d,p))数値.
(3クロロゲン酸Chlorogenic acid C16H18O9, = 354.31352 g/mol, (化学種).
(4クロロゲン酸の分子軌道計算によるUV Transitions グラフ.


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=1854

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.