🏠
🌡️ 📆 令和4年12月5日
◀ 戻る 進む ▶

🗒️ 【学会】平成23年度化学系学協会東北大会@宮城県仙台市

⇒#1592@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/c1_2011.html

【学会】平成23年度化学系学協会東北大会@宮城県仙台市

「フェデレーション技術による廃棄物処理法電子マニフェストとPRTR法物質管理との統合システムの開発」
○斎藤純一郎、栗原聖和、伊藤智博、奥山澄雄、立花和宏、仁科辰夫、尾形健明

○斎藤純一郎…らは、2011年に東北大学川内北キャンパス(宮城県仙台市青葉区川内27-1) で開催された平成23年度 化学系学協会東北大会においてフェデレーション技術による廃棄物処理法電子マニフェストとPRTR法物質管理との統合システムの開発について報告している1)。

片山慎吾,本…らは、2011年に東北大学川内北キャンパス(宮城県仙台市青葉区川内27-1) で開催された平成23年度 化学系学協会東北大会においてチタン酸リチウムに対するバインダの影響(仮)について報告している2)。

○及川俊他,…らは、2011年に東北大学川内北キャンパス(宮城県仙台市青葉区川内27-1) で開催された平成23年度 化学系学協会東北大会において過渡電流観察によるリチウム電池炭素導電助材と集電体の微小剥離の解析について報告している3)。


【関連講義】
卒業研究(C1-電気化学2004~),学会発表2011@C14)
卒業研究(C1-電気化学2004~),学会発表@C15)

川内キャンパス6)




フェデレーション技術による廃棄物処理法電子マニフェストとPRTR法物質管理との統合システムの開発
○齊藤 純一郎,栗原聖和,伊藤智博,奥山澄雄,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明,平成23年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2011).

リチウム電池用電解液のカソード分極に及ぼすバインダの影響
片山慎吾,本田千秋,立花和宏,仁科辰夫,平成23年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2011).

過渡電流観察によるリチウム電池炭素導電助材と集電体の微小剥離の解析
○及川俊他,長谷川拓哉,長瀬将太,武田浩幸,山本俊,立花和宏,仁科辰夫,平成23年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2011).

緒言(C > ï¼£ï¼‘履歴 > ã€ï¼’01 > å­¦ä¼šç™ºè¡¨ï¼’011@C1,【2011年度(平成23)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).

結果と考 > å­¦ä¼šç™ºè¡¨ï¼ ï¼£ï¼‘,結果と考察(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

(1フェデレーション技術による廃棄物処理法電子マニフェストとPRTR法物質管理との統合システムの開発
○齊藤 純一郎,栗原聖和,伊藤智博,奥山澄雄,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明,平成23年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2011).
(2リチウム電池用電解液のカソード分極に及ぼすバインダの影響
片山慎吾,本田千秋,立花和宏,仁科辰夫,平成23年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2011).
(3過渡電流観察によるリチウム電池炭素導電助材と集電体の微小剥離の解析
○及川俊他,長谷川拓哉,長瀬将太,武田浩幸,山本俊,立花和宏,仁科辰夫,平成23年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2011).
(4緒言(C > ï¼£ï¼‘履歴 > ã€ï¼’01 > å­¦ä¼šç™ºè¡¨ï¼’011@C1,【2011年度(平成23)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).
(5結果と考 > å­¦ä¼šç™ºè¡¨ï¼ ï¼£ï¼‘,結果と考察(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(6川内キャンパスキャンパス
〒980-8576 仙台市青葉区川内41.

表器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
表サンプル(履歴)
履歴ID概要
表装置(履歴)
履歴ID概要

図   1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=1592


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.