🏠
🌡️ 📆 令和6年7月21日
戻る 進む

🗒️ 監修  山形大学 立花 和宏

⇒#1030@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)

#

監修  山形大学 立花 和宏

 電気化学の基礎

  電気化学の基礎
東京大学 立間
  電気化学測定法の基本進め方
上智大学 遠藤
 化学インピーダンスの基礎と測定解析の進め方 電池

 化学インピーダンス基礎
山形大学 粟野
 データ解析の進め方
山形大学 立花 和宏
 インピーダンス測定に使用する装置の種類と使い方
東陽テクニカ 佐々木 浩人

 電気インピーダンス基礎と測定解析の進め方 コンデンサ
横河マニュファクチャリング 津野

 インピーダンス用いた材料の物性形状誘電率の求め方仮題

 粉体材料モルフォロジー物性形状測定
山形大学 木俣 光正
 成型された炭素系粉体材料のインピーダンス測定物性値求め方
大分大学 豊田 昌宏
 電極ナノ多孔構造のインピーダンス解析
長崎大学 森口
山田 博俊
 イオン導電体誘電体の導電率誘電率物性求め方仮題
産業技術総合研究所 竹内 友成





 リチウムイオン次電池のインピーダンス測定法と結果の解析解釈の仕方

 リチウムイオン次電池の等価内部抵抗の推定と温度上昇の予測
滋賀県立大学  義尚
 インピーダンスによるサイクル特性充放電容量劣化解析
山口大学 江頭
 インピーダンスによる発熱量の推定
産業技術総合研究所 齋藤 喜康
 インピーダンスでわかる材料の特性 ~炭素系負極~
京都大学 安部 武志
 インピーダンスでわかる材料の特性 正極/電解質界面
東京農工大学 小山
 正極表面処理した時のインピーダンス特性
群馬大学 鳶島
森本 英行
 リチウムイオン電池インピーダンス関連する化学分析
レリサーチセンター  栄治
 携帯用リチウムイオン次電池のインピーダンス測定法と結果の解析解釈の仕方
()NTTドコモ 竹野 和彦

 電気重層キャパシタインピーダンス測定法と結果の解析解釈の仕方

 電気重層キャパシタインピーダンス測定法と結果の解析解釈の仕方
◎日清紡績()  野津 龍太郎
 インピーダンス用いた電気重層容量特性の求め方
産業技術総合研究所 山下 順也

 燃料電池インピーダンス測定法解析解釈の仕方

 燃料電池インピーダンス測定方法セル特性解釈の仕方
◎東京電機大学 西川 尚男
 燃料電池固体高分子膜のインピーダンス測定法
◎日本ベル() 吉田 将之
 固体酸化物燃料電池インピーダンス測定進め方のデータ読み方
東京工業大学 伊原

 色素増感太陽電池評価法 インピーダンス法による評価解析
◎同志社大学 足立 基齊

 インピーダンス標準の開発動向
産業技術総合研究所 坂本 憲彦

10 インピーダンス試験トラブル Q&A
山形大学 仁科 辰夫
立花 和宏
附録 電気回路図記号 新旧比較表
JIS提供

by

器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
サンプル(履歴)
履歴ID概要
装置(履歴)
履歴ID概要

  1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


西暦と元号

  1 西暦と元号
西暦 令和 🔷 平成 🔷 昭和 🔷 大正 🔷 明治
2003 R-15 H15 S78 T92 M136
2004 R-14 H16 S79 T93 M137
2005 R-13 H17 S80 T94 M138
2006 R-12 H18 S81 T95 M139
2007 R-11 H19 S82 T96 M140
2008 R-10 H20 S83 T97 M141
2009 R-9 H21 S84 T98 M142
2010 R-8 H22 S85 T99 M143
2011 R-7 H23 S86 T100 M144
2012 R-6 H24 S87 T101 M145
2013 R-5 H25 S88 T102 M146
*

参考文献


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=1030
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.