HOME 教育状況公表 本日
⇒#106@図;

ケーブルラックの配線の仕方


  ケーブルラックの配線の仕方
©Copyright  Tomohiro Ito情報処理概論 all rights reserved.

https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/52210/img/cablerack.svg

データセンターではサーバラの重量が23tになるためにフリーフロアーではなくケーブルラ用いた配線が多い通常ケーブルラでは弱電線と強電線は分けられ触れないように配線するのが望ましいなぜなら誘導電流によってお互いの配線が干渉しないようにするためである本学のサーバ室のケーブルラセパレータよばれる仕切り板が入っており弱電側と強電側に分けられている特に弱電線誤って強電側に配線しそのあとで追加の強電線配線すると弱電線が強電線の下になりケーブル引き直すのが困難になる

<figure>
<img src="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/52210/img/cablerack.svg" />
<figcaption>
<a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/GeneralFigure/@GeneralFigure.asp?nGeneralFigureID=106"> ケーブルラックの配線の仕方 </a>
</figcaption />
</figure>

学術的な性質を有する 図面、図表、 図形は、 著作権法 に定められた著作物です。 引用する場合は、慣例に従い、転載する場合は、転載許諾をとりましょう。 法令順守は研究 倫理 です。

動画、音声及び写真を含む図表等を転載する場合には転載許諾書による同意が必要です。 動画、音声及び写真を含む図表等の転載許諾書


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/GeneralFigure/@GeneralFigure.asp?nGeneralFigureID=106

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.