HOME 教育状況公表 本日
⇒#4576@講義;

  合剤の分散とスラリーの作成

立花和宏, 仁科達夫
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4045

この 講義 電気化学特論 の単元です。 この講義(合剤の分散とスラリーの作成)の親単元は 化学工学とリチウム電池~分散・スラリーの作成と塗布乾燥~ です。

初版

乾電池リチウム電池ように正極活物質の導電率が小さい場合はってたいていの正極活物質は酸化物だからイオン結合なので導電率大きい方が珍しいわけだけどかく炭素材料導電助剤してまぜまぜして正極合剤作ります

このまぜまぜが分散ですが凝集した次粒子解砕してその解砕した次粒子が再凝集しないように表面に衣つけて少しずつ分散媒加えて固練りしてみみたぶの硬さぐらいになったら徐々に分散媒で伸ばしてろとろになるまで撹拌して分散質分散媒なじむまで三七21日のあいだ煮詰めてってガマ油じゃないんだからいやいやほんとガマの油作るようなもんですほんまに

活物質

電極スラリーの調整と塗布・乾燥条件は、なぜリチウム電池の性能を左右するのか? 1)

アセチレンブラックの濃度を変えたときのインピーダンス変化2)

アセチレンブラックの濃度を変えたときのインピーダンス変化

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 合剤の分散とスラリーの作成 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11208'> 電気化学特論 <a/a> 講義ノート, 2017. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4576'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4576 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-8-19">2019-8-19</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4576

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.