HOME 教育状況公表 令和2年9月27日
⇒#4099@講義;

0001.  電流・電位・電気量の測定とファラデーの電気分解の法則

伊藤 智博、立花 和宏、仁科 辰夫
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/53204/53204_01.asp

この 講義 化学実験Ⅰ の単元です。 この講義(電流・電位・電気量の測定とファラデーの電気分解の法則)の親単元は (null) です。

初版

クーロメーター電量計は銀クーロメーターほど正確な結果は与えないけれども材料が安価で使用もまた便利なため工業上の目的に広く使用される電解液硫酸銅(Ⅱ)五水和物1)硫酸2)アルコール水で希釈して用いる電流密度 J 〔A/m²0.020.002A/cm2良い

電気分解とファラデーの法則~銅クーロメーターと電気めっき~3)

電解工業と電気化学(銅クーロメーター)4)

https://edu.yz.y…

粗銅電気エネルギー E 〔J純銅熱エネルギー Q 〔J陽極汚泥

電気エネルギー E 〔J電気量 Q 〔C×電圧 V 〔V

 銅クーロメーター(銅めっき)
©Copyright 2020  all rights reserved.

 方位磁針とコイルを使った自作の電流計
©Copyright 2020  all rights reserved.

  Cu2+ + 2e- ↔   CuEº = 0.34V
(反応-125)

工業電解プロセス

工業電解エネルギー変換

水溶液電解

食塩電解

溶融塩電解

イオン交換膜プロセス

食塩の製造には電気透析使われています

カセイソーダ

現代の電気化学目次

現代電気化学目次

序論
電気化学の基礎事項序論1)
電池とエネルギー2)
腐食と防食3)腐食反応とその制御 : 原理と応用(目次)4)
工業電解プロセス5)
表面処理と機能化6)
エレクトロニクスと電気化学7)
バイオエレクトロケミストリー8)
光電気化学9)
情報変換と電気化学10)

無機工業化学,電気化学工業@無機工業化学11)

電気化学工業@無機工業化学


出典:
現代の電気化学(目次)
(山下正通、小沢昭弥. 現代の電気化学. 丸善, . ) 2)

 工業電解で生産される物質の例とその理論電気量



出典:
工業電解プロセス
(山下正通、小沢昭弥. 現代の電気化学. 丸善, . ) 5)

銅クーロメーターを使った電流計の校正6)


関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> 伊藤 智博、立花 和宏、仁科 辰夫. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4099'> <q><cite> 電流・電位・電気量の測定とファラデーの電気分解の法則 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11231'> 化学実験Ⅰ <a/a> 講義ノート, 2013.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4099'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4099 </a> ,  (参照 <time datetime="2020-9-27">2020-9-27</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4099

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.