🏠
🌡️ 📆 令和5年2月8日
◀ 戻る 進む ▶

🗒️ ひなどり

⇒#776@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)


ひなどりさん、たった今、ぼくの手のひらの上で息をひきとりました。

やっぱり野生はむずかしいです。
もし、この土日生き延びたらカゴを買って来ようとか、
いろいろ考えていたんですけど、
トリの種類もわからないまま、死んでしまいました。
トリの種類がわからないから、餌の種類もわからない。
食べるときの表情やうんちの色や量をたよりに
いっしょうけんめい餌の種類を選んだつもりですが、
やっぱり餌があわなかったのでしょうね・・・
たぶん、死因は便秘だと思います。
朝様子を見にくると、ぐったりしてて、呼びかけると
弱々しく返事しましたが、だんだん呼吸が苦しくなって・・・
わずか3日ばかりのおつきあいでしたが、
呼ぶと手の上に飛んでくるほどなついただけに残念です。

ことりさんのなきがらを見ていたら
産毛にかくれたつばさの下に
黄色い羽がありました。
ヒワか!?といまさら思ってももう遅いですけど・・・
見た目の胸の斑点に気をとられてヒタキと思ったのが失敗でした。
このキャンパスにヒタキ類はあまりいないので、懐疑的ではあったのですが・・・
ヒワに思い至っていれば、動物食じゃなくて植物食を与えていたかもです。
なぜ、ヒワのひなには胸に斑点があるかも?って思えなかったのか?
思い込みは研究の敵、と日ごろ学生に指導するぼくですが、
ほんと思い込みは強敵です。

喜んで食べているように見えるからといって
ほんとうにからだにあった餌なのかどうかは
注意深くみなくちゃだめですね。
教育も同じ。子どもにあった教育なのかどうか、いつも注意深くみてないとだめですね。

知識:ヒワの幼鳥には胸に斑点がある
教訓:思い込みは強敵、何事も見た目だけで判断するな

研究室のドアを開けるたびに、
ドアの音に反応してぴよぴよ餌をねだったあの声が思い出される。
あの声がもう聞こえないとおもうととてもさびしい。

さて、なきがらをどこに葬ろうか・・・

表器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
表サンプル(履歴)
履歴ID概要
表装置(履歴)
履歴ID概要

図   1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?nLaboNoteID=776


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2023 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.