HOME 教育状況公表 本日
⇒#637@研究ノート;

【投稿】環境保全

日時
関係者(共同研究者)


工学部環境安全教育ためにどの1)

していいこととしてわるいこと知っているだけではなくて実際に行動に示すことが大切したがって実験実習通して学習しないと身につかない

工学部では環境保全のために

https://a.yamaga…

環境安全教育ためにどのような理念や目標かかげているのか?
山形大学工学部2)
基本理念自ら新しい分野開拓する能力育てる大学
実験実習おける安全の手引3)

●どんなかたちでカリキュラムりいれているのか?
精密応用化学専修コース174)
化学工学専修コース17入学5)

JABEE6)技術者倫理

●過去の実践例として

講義
情報処理7)
PRTR対策システム8)
環境保全とゲーム理論9)10)
グリーンケミストリー
無機分析化学応用実験11)
11持続可能な社会へ向けて12)
日常の化学-地球環境生活様式の変革のために-目次13)

リソース
ライブカメラ14)

学会発表
,環境教育,平成18年度15)
○渡邉隼司,,教育研究,平成17年度16)
仲宗根亮,,PRTR法,化学学協17)

管理運営
研究室実験室用巡視記録簿
様式(表面)

講演会など
PRTRシステムマニュアル作成18)
最初のPRTR説明会19)


https://gb.yz.ya…

●生徒諸君の反応は?

●解決すべき問題点は?

2003年から取り組みました

PRTR法対策システム開発プロジェクト20)

環境かかわる法律21)

200722)
物質管理23)
投稿紀要サイバーキャンパス鷹山24)



工学部で環境安全教育のためにどの
立花和宏, 研究ノート, (2006).

実験・実習における安全の手引,
仁科 辰夫, 山形大学工学部, 講義ノート, (2007).

マクローリン展開をエクセルで!2002,
平田 拓, 情報処理, 講義ノート, (2007).

ゲーム理論,
立花 和宏, 情報処理概論, 講義ノート, (2006).

第11回:持続可能な社会へ向けて,エネルギー変換化学のアウトライン
立花 和宏, エネルギー変換化学, 講義ノート, (2006).

ライブカメラ
立花和宏, 研究ノート, (2007).

環境教育と環境マネジメントの統合システムの開発
, 平成18年度 化学系学協会東北大会, (2006).

教育・研究のためのPRTR法対応薬品管理システムの概要と薬品管理の現状
○渡邉隼司,伊藤智博,田中良樹,仲宗根亮,及川文成,大木信典,立花和宏,奥山澄雄,仁科辰夫,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).

PRTR法に対応した化学物質管理・公開システムの開発
仲宗根亮,田中良樹,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 化学系9学協会連合東北地方大会, (2004).

PRTRシステムのマニュアル作成
伊藤晋, 研究ノート, (2003).

PRTR説明会
立花和宏, 研究ノート, (2003).

環境にかかわる法律,法と規範
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

2007年2月
立花和宏, 研究ノート, (2007).

物質管理,鷹山のテーブル
仁科 辰夫, サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2007).

【投稿】紀要サイバーキャンパス「鷹山」
立花和宏, 研究ノート, (2005).

(1工学部で環境安全教育のためにどの
立花和宏, 研究ノート, (2006).
(2山形大学工学部,データベースアメニティ研究所スペシャルコース,etc,データベースアメニティ研究所,山形大学
仁科 辰夫, シラバス, (2007).
(3実験・実習における安全の手引,
仁科 辰夫, 山形大学工学部, 講義ノート, (2007).
(4精密応用化学専修コース(H17)カリキュラム.
(5化学工学専修コース(H17入学)カリキュラム.
(6JABEEシラバス執筆概論,JABEE認定教育教員養成コース,etc,データベースアメニティ研究所,山形大学
仁科 辰夫, シラバス, (2007).
(7マクローリン展開をエクセルで!2002,
平田 拓, 情報処理, 講義ノート, (2007).
(8PRTR対策システム,データベースアメニティ研究所スペシャルコース,etc,データベースアメニティ研究所,山形大学
仁科 辰夫, シラバス, (2007).
(9ゲーム理論,
立花 和宏, 情報処理概論, 講義ノート, (2006).
(10情報処理概論,精密応用化学専修コース(H17),etc,物質化学工学科,山形大学
立花 和宏, シラバス, (2006).
(11無機・分析化学応用実験,精密応用化学専修コース(~H15),etc,物質化学工学科,山形大学
遠藤 昌敏, シラバス, (2007).
(12第11回:持続可能な社会へ向けて,エネルギー変換化学のアウトライン
立花 和宏, エネルギー変換化学, 講義ノート, (2006).
(13日常の化学-地球環境と生活様式の変革のために-(目次)
渡辺啓, 日常の化学-地球環境と生活様式の変革のために-, サイエンス社, (1999).
(14ライブカメラ
立花和宏, 研究ノート, (2007).
(15環境教育と環境マネジメントの統合システムの開発
, 平成18年度 化学系学協会東北大会, (2006).
(16教育・研究のためのPRTR法対応薬品管理システムの概要と薬品管理の現状
○渡邉隼司,伊藤智博,田中良樹,仲宗根亮,及川文成,大木信典,立花和宏,奥山澄雄,仁科辰夫,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).
(17PRTR法に対応した化学物質管理・公開システムの開発
仲宗根亮,田中良樹,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 化学系9学協会連合東北地方大会, (2004).
(18PRTRシステムのマニュアル作成
伊藤晋, 研究ノート, (2003).
(19PRTR説明会
立花和宏, 研究ノート, (2003).
(20PRTR法対策システム開発プロジェクトプロジェクト.
(21環境にかかわる法律,法と規範
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(222007年2月
立花和宏, 研究ノート, (2007).
(23物質管理,鷹山のテーブル
仁科 辰夫, サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2007).
(24【投稿】紀要サイバーキャンパス「鷹山」
立花和宏, 研究ノート, (2005).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?nLaboNoteID=637

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.