HOME 教育状況公表 本日
⇒#533@研究ノート;

?

日時
関係者(共同研究者)


weeklyレポート
2006061220060616
目的10.1 PBS用いたC-PRO検量線の作成2イネ全量抽出行いストレス負荷の際に使用する部位及びC-PRO吸水させる時間検討する
実験イネ3つのグループ分けるA・B・CD・E・FG・H・I各測定条件に合わせて25mMのC-PRO30分間吸わせ5つの部位の分け全量抽出行ってX-band ESR装置で測定した
結果考察全量抽出の結果3,4,5示すイネ中で1g当たりの物質量[mol/g]最大の部位比較すると6A・B・C では部位4または5茎部分で最大値が計測されたがD・E・F 及びG・H・Iでは部位3葉の下部で最大値が計測されたまたその量は個体差があるもののIE水に長く浸けたほうが大きくなった
今後の課題X-band ESR装置でのストレス応答計測実験行う


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?nLaboNoteID=533

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.