HOME 教育状況公表 本日
⇒#395@研究ノート;

【学会】平成14年度化学系7学協連合東北地方大会@青森県弘前市

日時
関係者(共同研究者)


日本化学会東北地方大会弘前

立花和宏,,有機電解液,平成14年度1)
立花和宏,,アルミニウム,平成14年度2)
立花和宏,,窒化ニオブ,平成14年度3)
立花和宏,,Nbの窒化に,平成14年度4)

弘前大学5)

弘前城6)なども見学しました


化学学協会連合東北地方大会7)



有機電解液中におけるアルミニウムの腐食/水分の影響
立花和宏,○河内よしえ,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明, 平成14年度化学系7学協連合東北地方大会, (2002).

アルミニウム集電体上への炭素導電助材の塗布圧による充放電の変化
立花和宏,佐藤和美,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明, 平成14年度化学系7学協連合東北地方大会, (2002).

窒化ニオブ(焼結体)の静電容量向上における電解条件の最適化
立花和宏,○武蔵信之,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明, 平成14年度化学系7学協連合東北地方大会, (2002).

Nbの窒化によるアノード酸化皮膜の絶縁性向上
立花和宏,○岡田和正,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明, 平成14年度化学系7学協連合東北地方大会, (2002).

弘前城,城郭、城址
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

【学会】化学系9学協会連合東北地方大会
立花和宏, 研究ノート, (2005).

(1有機電解液中におけるアルミニウムの腐食/水分の影響
立花和宏,○河内よしえ,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明, 平成14年度化学系7学協連合東北地方大会, (2002).
(2アルミニウム集電体上への炭素導電助材の塗布圧による充放電の変化
立花和宏,佐藤和美,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明, 平成14年度化学系7学協連合東北地方大会, (2002).
(3窒化ニオブ(焼結体)の静電容量向上における電解条件の最適化
立花和宏,○武蔵信之,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明, 平成14年度化学系7学協連合東北地方大会, (2002).
(4Nbの窒化によるアノード酸化皮膜の絶縁性向上
立花和宏,○岡田和正,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明, 平成14年度化学系7学協連合東北地方大会, (2002).
(5弘前大学学校.
(6弘前城,城郭、城址
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(7【学会】化学系9学協会連合東北地方大会
立花和宏, 研究ノート, (2005).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?nLaboNoteID=395

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.