HOME 教育状況公表 本日
⇒#2143@研究ノート;

部品点数を4つから2つにしたリチウムイオン電池の電極

日時
関係者(共同研究者)

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

出版物】らは2015年にリチウムイオン電池改新的製造プロセスついて開発したセパレータ電極括形成プロセスによるセパレータ電極体化することで2部品構成きるセパレータ体負極とセパレータ体正極の部品構成可能 現行の電極ではセパレー述べておりセパレータのについて述べているリチウムイオン電池の改新的製造プロセス1)


(1リチウムイオン電池の改新的製造プロセス
, 日立評論,97,137(2015).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?nLaboNoteID=2143

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.