HOME 教育状況公表 本日
⇒#1931@研究ノート;

DMPO-2-シアノ-2-プロピルパーオキシルルラジカルの溶媒存在下での分子軌道計算

日時
関係者(共同研究者)

http://mri.yz.yamagata-u.ac.jp/

DMPO-2-シアノ-2-プロピルパーオキシルルラジカルの溶媒存在下での分子軌道計算

DMPO-OOR(DMPO-2-シアノ-2-プロピルパーオキシルルラジカル;DMPO-2-cyano-2-propyl-peroxyl-radical)の水DMSO,ベンゼン溶媒下に存在するときのEPRパラメータ分子軌道計算よって求めた

DMPO-OORに分離してしまうため得られた超微細結合の値1)2)3)4)5)6)実験7)8)9)10)11)12)13)大幅に異なる結果になった
 推測ではあるがDMPO-OORホモリシス(homolysis)おこしDMPO-OOR分解する可能性が高いのだろう

分子軌道計算の結果
SCRF=CPCM, ε=78.3553
A(H19)=0.872114 mT14)
SCRF=CPCM,DMSO ε=46.826
A(H19)=0.839722 mT15)
SCRF=CPCM,ベンゼン ε=2.2706
A(H19)=0.787011 mT16)

使用ソフト
Gaussian 09W

関連ノート
AIBN由来の発生したDMPOアダクトまとめ17)
2-シアノ-2-プロピルラジカル/2-シアノ-2-プロピルパーオキシルルラジカルの分子軌道計算18)


量子計算によるAIBN由来生成ラジカルDMPOアダクト超微細結合定数19)

関連テーマ
中~資は2013年にそれまでの研究過酸化ラジカル発生系の検討と抗酸化能評価法への応用というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した20)



AIBN由来の発生したDMPOアダクトのまとめ
伊藤 智博, 研究ノート, (2013).

2-シアノ-2-プロピルラジカル/2-シアノ-2-プロピルパーオキシルルラジカルの分子軌道計算
伊藤 智博, 研究ノート, (2013).

(1A(N) in Benzene数値.
(2A(N) in water数値.
(3A(N) in DMSO数値.
(4A(H19) in water数値.
(5A(H19) in Benzene数値.
(6A(H19) in DMSO数値.
(7A(N)数値.
(8A(H)数値.
(90.1mM AIBN(0.2mM DMPO溶液)の光解離反応 のESRパラメータ数値.
(10DMPO-OOR・のA(H)数値.
(11DMPO-OOR・のA(N)数値.
(12DMPO-OOR・のA(H)数値.
(13DMPO-OOR・のA(N)数値.
(14A(H19) in water数値.
(15A(H19) in DMSO数値.
(16A(H19) in Benzene数値.
(17AIBN由来の発生したDMPOアダクトのまとめ
伊藤 智博, 研究ノート, (2013).
(182-シアノ-2-プロピルラジカル/2-シアノ-2-プロピルパーオキシルルラジカルの分子軌道計算
伊藤 智博, 研究ノート, (2013).
(19量子計算によるAIBN由来生成ラジカルのDMPOアダクトの超微細結合定数.
(20過酸化ラジカル発生系の検討と抗酸化能評価法への応用
中嶋 耕資, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2013).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?nLaboNoteID=1931

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.