HOME 教育状況公表 本日
⇒#1909@研究ノート;

【学会】第29回金属のアノード酸化部会(ARS)伊豆長岡コンファレンス

日時
関係者(共同研究者)本田千秋,伊藤知之,小野寺伸也,小林卓巨

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/


リチウム電池の内部抵抗に集電体アルミニウム酸化皮膜厚み炭素材料アンダーコート及ぼす効果
本田

有機半導体担持したアルミニウムアノード酸化皮膜耐電圧漏れ電流
伊藤知之

リチウム電池集電体アルミニウムアンダーコート使う炭素材料の種類と電池内部抵抗の関係
小野寺伸也

AlF-アニオン含む有機電解液中でのアルミニウムアノード酸化に及ぼす水分の影響
小林卓巨


学会22回ARS津軽コンファレンス青森県青森1)

表面技術協会 会員の皆様へ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆
主催 本会金属アノード酸化皮膜機能化部会ARS
協賛 電気化学応用物理学会日本表面科学
    軽金属学会日本化学会予定
日時 平成24111130021220
会場 公共の宿 おおとり荘 http://www.o-tor…
    〒410-2201 静岡県伊豆の国市古奈1133
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

29回金属のアノード酸化部会ARS伊豆長岡コンファレンス
上記日程で開催いたします下記のように企業大学関係者による
依頼講演が行われアノード酸化に関連する最新の話題提供して
いただけます

また現在ポスター発表募集しております皆様奮ってご応募
加くださいますようお願いいたします

プログラム
1日目111──────────────────

ション エネルギーデバイス応用燃料電池次電池
 Liイオン次電池集電体用アルミ箔の特性
    ・・・・・・山本兼滋日本製箔(株研究開発センター
 Al基板上への金めっきと燃料電池部材への適用
    ・・・・・・川村洋介 日本軽金属(株グループ技術センター

ション エネルギーデバイス応用電解コンデンサ
 超低加速超高分解能FE-SEMが拓くAl表面科学技術
   新たな世界
    ・・・・・・清水健 慶應義塾大学名誉教授i-SEM Laboratory
 耐高電圧導電性高分子アルミ電解コンデンサ
    ・・・・・・松田晃啓大月輝喜ニチコン(株
 結晶性Alアノード酸化皮膜へのアニオン封入と誘電特性
    ・・・・・・小野幸子 工学院大学

ポスター発表※募集中
  アノード酸化と熱処理により構造制御したα-アルミナメンブレン特性
    工学院大工1東芝2増田達也1阿相英孝1原口 2小野幸子1
  構造制御したアノード酸化ポーラスアルミナ皮膜上における細胞増殖
    工学院大工小林 阿相英孝今村保忠小野幸子
  アノード酸化ポーラスアルミナ上へのHApの位置選択的析出
    工学院大工菅原康祐阿相英孝小野幸子
  炭素鋼上における多孔質アノード酸化皮膜生成挙動
    北大院総化紺野芳岐北大院工 悦司青木芳尚幅崎浩樹
  多孔質アノード酸化アルミナ鋳型とする窒素含有カーボン
    ナノファイバーの合成とその酸素還元電極特性
    北大院総化掛田 北大院工 悦司青木芳尚幅崎浩樹
  りんご酸用いたアノード酸化によるAlナノディンプル形成挙動
    北大院工山本堅士菊地竜也鈴木亮輔
  200V超えるりん酸アノード酸化皮膜の作製と光学的応用
    北大院工上田 菊地竜也鈴木亮輔
    Pierre and Marie Curie UniversityLi Ronghua

2日目112──────────────────

ション 機能性表面処理皮膜
 PCC電解プラズマ酸化処理特長と皮膜生成
   PEO皮膜の生成と電解液電解制御の関係
    ・・・・・・中島 日本パーカライジング(株
 樹脂との密着性に優れたAl表面の電解処理
    ・・・・・・兒島洋古河スカイ(株

ション アノード酸化皮膜ナノテク触媒応用
 Al,Ti上への位置選択的アノード酸化
    ・・・・・・岩崎光伸 近畿大学
 アルミナナノホールアレーの質量分析への応用
    ・・・・・・益田秀樹首都大学東京
 10通電加熱アルマイト担体とした自動車排ガス浄化用カーボン
    アロイ触媒の開発
    ・・・・・・亀山秀雄 東京農工大学

ション エネルギーデバイス応用電解コンデンサ
 11Zr合金のアノード酸化による高容量ナノコンポジトアノード
    酸化皮膜の形成
    ・・・・・・幅崎浩樹北海道大学
 12Ca無電解還元法によるコンデンサ用Ti合金微粒子の作製
    ・・・・・・菊地竜也北海道大学

────────────────────────────

加費予稿集宿泊代消費税込み
 ARS会員大学国公立研究 23000
 ARS会員民間企業 38000
 協賛学協会会員大学国公立研 25000
 協賛学協会会員民間企業 40000
  45000
 学生同伴 16000

ポスター発表  申し込み受け付けております
加申込締切 1019

◆問い合わせポスター発表申込
 ARS事務局首都大学東京 益田秀樹研究 
 TEL0426-77-1111内線4931FAX0426-77-2843
 メールアドレスars@sfj.or.jp



【学会】第22回ARS津軽コンファレンス@青森県青森市
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

(1【学会】第22回ARS津軽コンファレンス@青森県青森市
立花 和宏, 研究ノート, (2007).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?nLaboNoteID=1909

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.