🏠
🌡️ 📆 令和6年5月22日
戻る 進む

🗒️ 【講演】大容量キャパシタ@東京@御茶ノ水

⇒#786@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)

#🗒️👨‍🏫講義#🗒️👨‍🏫8月#🗒️👨‍🏫ホテル

東京技術情報協会

講義 10:00-12:00 リチウムイオン次電池
12:00-12:50 昼食
講義 12:50-14:50 ケル水素次電池高村先生
14:50-15:00 休憩
講義 15:00-17:00 鉛蓄電池
1日目終了
講義 10:00-12:00 大容量キャパシター
12:00-12:50 昼食
講義 12:50-14:50 燃料電池
14:50-15:00 休憩
講義 15:00-17:00 クルマ今後の電池

シラバス大容量キャパシタ1)

大容量キャパシタ
スーパーキャパシタ登録商標なのでダメ

●電池とキャパシタ
電池キャパシタ構造
電池キャパシタ類似点と相違点
キャパシタ種類用途
ハイブリドキャパシタアシンメトリクキャパシタ
シュードキャパシタ

キャパシタ要求される機能
耐電圧エネルギー
静電容量エネルギー
等価直列抵抗漏れ電流
キャパシタインピーダンス
サイクル特性信頼性

●大容量キャパシタ構成部材と要求される機能
キャパシタ容量炭素材料電極面積
キャパシタ耐電圧電解液電位窓
キャパシタ内部抵抗集電体接触抵抗
バインダサイクル特性

●大容量キャパシタ電気化学的評価
サイクリクボルタモグラム使った解析
クロノポテンショメトリー使った耐電圧と等価直列抵抗
クロノアンペロメトリー使った漏れ電流評価
交流インピーダンス法による周波数領域の解析

1970水素吸蔵合金発見
1980電池用合金の発見
1990年()ケル水素電池実用化
1992年()リチウムイオン次電池の実用化

20078月2)
大学有する技術情報の活用による社会貢献のための基金3)
国立天文台4)

小田急バス 91狛江駅北口狛江営業所行き
武蔵境南口番乗り場より乗車
『天文台前』下車所要時間約15
東京大学総合研究博物館5)

東京商工学校石碑関東大震災地震太田姫稲荷神社
宿泊は反田の東興ホテル



2007年8月
立花和宏, 研究ノート, (2007).

国立天文台,学術・研究施設
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

東京大学総合研究博物館,科学館(自然科学系)
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

(1大容量キャパシタ,,etc,,
立花 和宏, シラバス, (2007).
(22007年8月
立花和宏, 研究ノート, (2007).
(3大学が有する技術情報の活用による社会貢献のための基金プロジェクト.
(4国立天文台,学術・研究施設
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(5東京大学総合研究博物館,科学館(自然科学系)
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
サンプル(履歴)
履歴ID概要
装置(履歴)
履歴ID概要

  1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


西暦と元号

  1 西暦と元号
西暦 令和 🔷 平成 🔷 昭和 🔷 大正 🔷 明治
2002 R-16 H14 S77 T91 M135
2003 R-15 H15 S78 T92 M136
2004 R-14 H16 S79 T93 M137
2005 R-13 H17 S80 T94 M138
2006 R-12 H18 S81 T95 M139
2007 R-11 H19 S82 T96 M140
2008 R-10 H20 S83 T97 M141
2009 R-9 H21 S84 T98 M142
2010 R-8 H22 S85 T99 M143
2011 R-7 H23 S86 T100 M144
2012 R-6 H24 S87 T101 M145
*

参考文献


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=786
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.