🏠
🌡️ 📆 令和5年4月2日
◀ 戻る 進む ▶

🗒️ ?

⇒#500@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)


weklllyレポート

byピンポイントESR計測法の開発と応用
                   (発表日) 2006年5月26日                  03517222 高岩 修平

1. 目的 半田鏝の使い方を学び、クリップを作成する。磁場勾配コイル用電源装置を改良する。
2. 実験 半田鏝を用いて、ミノムシクリップと電線を接着した。強く引っ張っても外れない程度になるまで試みた。また、磁場勾配コイル用電源装置のファンの空気の循環を良くするために1㎝間隔で11ヶ所の穴を開けた。その作業を4台行った。
3. 結果と考察 引っ張りに強いクリップを作れるようになった。また、穴を開けることで磁場勾配コイル駆動用電源の温度の上昇を防げると思われる。
次回までの課題 引き続き磁場勾配コイル用電源装置の改良。

表器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
表サンプル(履歴)
履歴ID概要
表装置(履歴)
履歴ID概要

図   1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=500


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2023 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.